サンゲツ 大阪ショールームをリニューアルオープン

写真拡大

(株)サンゲツでは、さる4月2日(土)にリニューアルオープンした大阪ショールームについて、震災の影響から一部遅れていた工事をこのほど完了させ、4月13日(水)より正常営業をスタートさせた。
8年ぶりとなる今回の大阪ショールームリニューアルは、一昨年4月の名古屋本社ショールーム、昨年6月の東京ショールームと同じコンセプトの下に実施されたもので、内装デザインはもとより、展示什器を一新し商品の選定がしやすいような工夫が随所に施されているのが大きな特徴だ。特に大きな変化があったのがオーダーカーテンの展示で、サンプルは持ち運びやすいハンガータイプをメインとし、さらに代表的な生地については仕上がりがイメージしやすい縫製サンプルを展示するという併用型とした。これにより選びやすさが向上した他、ショールーム全体のイメージも広々とすっきりとしたものとなった。この他、ショールームスペースを増床し、空間イメージのコーナーとしてモデルルームを3つ展開した。

なお完全オープンに合わせて大阪ショールームでは、国内・海外のインテリアトレンド情報や、壁紙見本帳「ファイン1000」「EBクロス」など新製品発表などを行う「インテリアトレンドセミナー2011」を15日(金)まで開催中で、初日の13日にはインテリア専門店やコーディネーターなど多くの業界関係者が会場に足を運んだ。期間中はスワロフスキーやトーソーの商品コーナーなどの特設コーナーも展開されている。