WiMAXとテザリングに対応するauのAndroidスマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』は4月15日発売へ

写真拡大




KDDIは、台湾HTC社製のAndroidスマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』を4月15日に発売すると発表しました。WiMAX通信機能を搭載し、スマートフォンをWi-Fiルーターとして使えるテザリングに対応する製品。OSはAndroid 2.2です。

約4.3インチ、800×480ドットのディスプレーを搭載し、インカメラも搭載。720P/25fpsのハイビジョン動画を撮影でき、別売りのHDMIケーブルで接続してテレビに画面を出力することもできます。『Flash Player 10.2』に対応し、パソコン同様にFlashコンテンツを利用可能。『Cメール』は受信のみ可能で、5月中旬以降にソフトウェアアップデートにより送信機能を追加する予定。

下り最大40Mbps、上り最大10MbpsのWiMAX通信機能を搭載します。料金は従来のスマートフォン向け料金プランとパケット定額プランを利用でき、WiMAX利用月のみ『+WiMAX』月額利用料として525円(税込み)がかかる料金体系。販売開始から2011年8月までは『+WiMAX』月額利用料を無料にするキャンペーンを実施します。

サービスの対応エリアは下記のauホームページで確認してください。
http://www.au.kddi.com/service_area/zenkoku/evo_map.html

テザリング機能では、パソコンや携帯ゲーム機、タブレットといったWi-Fi対応端末を最大8台まで接続可能。スマートフォンで契約するプロバイダである『IS NET』または『au.NET』で利用できるので、テザリングの使用で別途契約や料金はかかりません。WiMAX接続の場合、接続制限もかからないとのこと。

一定額を毎月の利用料金から割り引く『毎月割』を適用。新規契約もしくは機種変更で『シンプルコース』の料金プランを選択し、『ISフラット』または『ダブル定額』に加入することを条件に、新規契約では月額2000円、機種変更では月額1500円を最大24か月割り引きます。

『htc EVO WiMAX ISW11HT』主な仕様
通信方式:WiMAX、CDMA 1x EV-DO Rev.A (CDMA 1X WIN)
サイズ:約W67×H122×D12.8mm(最厚部13.8mm)
重量:約170g
連続通話時間:約290分
連続待ち受け時間:約340時間
充電時間:AC 時約120分
カラー:ブラック
ディスプレー:約4.3インチ 800×480ドット TFT液晶
外部メモリー:microSD/microSDHCメモリーカード(最大32GB)
カメラ:CMOS 有効画素数約800万画素
インカメラ:有効画素数約130万画素
無線LAN:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:2.1+EDR
外部インタフェース:microUSB
主な対応サービス:Cメール(受信のみ)、Googleサービス、Wi-Fiテザリング、USBテザリング、HTC Sense 1.6、Skype au、jibe
主な対応機能:+WiMAX、HDMI OUT、FMラジオ

■関連記事
KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表
キモ凄い動きのドロイド君が今度はマレーシアに登場!
auのスマートフォン『IS03』は4月14日にAndroid 2.2へのアップデート実施
Androidのマスコット『ドロイド君』のダンスが「キモ凄い」と話題!
【動画】auのAndroid携帯REGZAフォン『IS04』をレビュー 防水機能を検証してみた