親友マリオが撮影した幻のケイト・モス写真集 廉価版登場

写真拡大

 美術書をメインに取り扱うタッシェン・ジャパンが、ファッションフォトグラファーMario Testino(マリオ・テスティノ)により撮影されたスーパーモデルKate Moss(ケイト・モス)の写真集「Kate Moss by Mario Testino」を4月中旬に発売する。同書は2010年に刊行され完売となった豪華限定版の普及版として登場。デビュー時から親交を持つMario Testinoならではの写真が数多く掲載されている。

ケイト・モス写真集刊行の画像を拡大

 Mario Testinoは、1954年ペルーのリマで生まれたファッションフォトグラファー。20代でロンドンに移住し、独学でファッションフォトグラファーとしての腕を磨いた。80年代には「THE FACE」などのカルチャー誌を手がけるようになり、現在では「VOGUE」や「V Magazine」などのファッション雑誌をはじめ「GUCCI(グッチ)」、「BURBERRY(バーバリー)」、「Versace(ヴェルサーチ)」など数々のメゾンの広告の撮影を行うなど、世界的なファッションフォトグラファーの1人として名を馳せている。Kate Mossとは、彼女が15歳で初めてランウェイショーデビューした時からの付き合いで、「マリオが私を新しいレベルに引き上げてくれた。彼はグラマラスに見えるようヒールを履かせてくれた。そのようなスタイルで写真を撮ってくれた最初の人なのよ。人々が私を見る目を変えてくれたのは確実に彼」と厚い信頼を寄せている人物だ。

 「Kate Moss by Mario Testino」は、2010年にMario Testinoのサイン入り限定版として約20万円で刊行。国内にでも100冊弱の入荷となり、すぐに売り切れるほどの人気を得ていた。長年の付き合いのなかで撮影されたプライベートショットを含め100点以上が掲載されており、なかには同書で初めて公開されたものも多い。写真の他に、Kate Mossによるエッセイも含まれている。今回はソフトカバーとして、再び刊行され価格は10,500円。4月20日頃には全国書店に並ぶ予定だ。