パルコが4月13日、アジア最大規模の不動産会社CapitaLand Limited(キャピタランド)のグループ会社であるCapitaMalls Asia Limited(キャピタモールズ・アジア=以下CMA)と業務提携を締結したことを発表した。CMAはシンガポールに本社を置くアジア有数の商業施設に特化した上場不動産会社。業務提携を機に今後、上海や北京を中心とした中国都市部及び日本国内の事業展開を加速させていく。

パルコがイオンに反発か?の画像を拡大

 CMAは現在、シンガポールやインド、マレーシアなどアジア5カ国・49都市に92物件の商業施設を所有、運営している。総資産額は約237億シンガポールドル、総延床面積は約680万平方メートルに及ぶ。中国においては、「ラッフルズシティ北京」や「北京の西直門モール」などの他、開業予定の物件を含め53物件の商業施設を展開しており、3年から5年以内に合計100物件程度まで拡大することを目標としている。

 パルコはCMAがキャピタランドの商業施設開発部門であった1995年に、シンガポー ルの商業施設「PARCO Bugis Junction(パルコ・ブギス・ジャンクション)」で共同運営を経験。双方の商業施設運営能力について理解をしあう良好な関係を築いており、パルコが目指す国内・海外への都市型商業の拡大において、今後の有益なパートナー企業となるとしている。

 パルコは2011年2月、イオンが独自の判断に基づき発行済み株式の12.31%の株式を取得した件で、イオン側から資本・業務提携についての提案書を提出されている。提案書のなかには、中国をはじめとしたアジアにおける「海外ショッピングセンター事業の展開」も含まれていたが、パルコは3月末にこれを事実上拒否。5月に開かれる株主総会での動向が注目を集めていた。