20110413gotanda_main_2

写真拡大 (全2枚)

アート関連を得意とする古書店がアートブックを持ち寄るアートでアンティークな古本まつり「第6回 五反田アートブックバザール」が2011年4月22日(金)〜24日(日)、五反田の南部古書会館で開催される。

アート、デザイン、建築、工芸、ファッション、写真集、展覧会図録、絵本、ポスター、ポストカードなど古今東西の幅広い意味でのアートをテーマとした商品を販売するアートブックバザール。主宰するのはアート全般を扱う品川の古書店“古本うさぎ書林”店主 芳賀健治さんだ。
「会場となる南部古書会館では、五反田アートブックバザールも含めて年に12回の古本即売会が催されていますが、他の催事は固定客に支持されている一方で、新しい若いお客が少ないのです。そこで新しい息吹を!という気持ちではじめました」。

第6回目となる今回は、芳賀さんの声かけにより、女性に関するものや詩書を多く扱う下北沢の“ほん吉”、映画雑誌やシナリオなどを取り揃える神保町の“石田書房”など8軒の古書店が参加する。
「各店が実際に持ち寄って並べるまではお楽しみなのですが、新刊書店でも手に入るような本はごく一部です」。
五反田アートブックバザールは古本まつり。そこが他のアートブックイベントと違う点だ。
「一般的なアートブックの枠を超えたいろいろなアートが集まります。明治・大正時代の新版画、写真家のオリジナルプリント、樺太・満洲の地図、昭和の洋雑誌、絶版・プレミアもの希少本など盛りだくさんです」と、芳賀さん。
手軽に買える100円のものから美術館にあるような100万円以上のものまで。古くて新しいアートに出会いに、気軽に出かけてみては。



写真:今回の目玉商品「夢二詩画集」竹久夢二(昭和16年)500,000円。木版画をふんだんに使った画集

第6回五反田アートブックバザール 
日時:2011年4月22日(金)〜24日(日)10:00〜19:00
会場:南部古書会館 東京都品川区東五反田1-4-4 03-3441-3975(期間中のみ)
JR山手線、東急池上線五反田駅、都営浅草線五反田駅より徒歩5分
お問い合わせ先:五反田アートブックバザール事務局 古本うさぎ書林 03-3471-5232

■関連記事
コトリンゴ“夜の演奏会”in 象の鼻テラス
TOWA TEI初のコンセプトアルバム「SUNNY」
ゴールデンウィーク、ママのためのアートな休日
金沢のあとに、東京でホンマタカシ「ニュー・ドキュメンタリー」展を見て思うこと by林央子
70年代ロックシーンを撮り続けた井出情児「死ぬまで待てない」