テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


昔から「備えあれば憂いなし」なる言葉がある。前もってきちんとした準備、あるいは心構えをしておけば、突然起こる事態に焦ったり取り乱したりすることなく対処できる、という意味だ。人生、ずっと他人事だと思っていたことが、突然我が身にふりかかることがある。その時になって始めて慌てふためき、後悔することが多いものだ。「備えあれば憂いなし」、今一度その言葉を噛みしめるべきだ。そう、例えば「笑点の観覧に行った時、隣の席に歌丸さんが座ってオープニングが始まってしまった」時が突然訪れようとも、慌てず対処できるように。

歌丸さんを隣にして、私たちはどう行動すべきか?
どんな振る舞いをするのが良いのか?

考え得る行動と、その長所と短所を書いておくので、自分に合った行動を選択してもらいたい。


■まっすぐ前を見る
最もオーソドックスな行動である。前を見る、いわゆるカメラ目線の形になる。これなら歌丸さんの挨拶の邪魔にならず、オープニングはスムーズに進行するはずだ。ただし、テレビの前の視聴者の立場になってみると知らない人がずっと自分を見ていることになり、居心地の悪さは否めない。そのため、テレビの向こうの人のことまで気にするタイプの人には不適と言えよう。


■下を向く
前を見ることに抵抗がある場合、ひとつの手段として下を向くという行動がある。これならば先に述べた前を向いた時に起こり得る事態は避けられる。視聴者の目を気にする必要がなくなる。しかしずっと俯いているわけであるから、どこか元気のなさを周りに与えてしまうだろう。これから爆笑が続くはずの番組のオープニングにはふさわしくない。


■歌丸さんの方を見る
隣に座っているのは、いつもテレビで見ているあの歌丸さんである。こんな近くで見るチャンスなど滅多になく、ミーハーでなくても歌丸さんを見たくなるのは当然の心理である。そのため「歌丸さんの方を見る」というこの行動は実に人間らしいと言える。問題は至近距離から送られる熱い視線が気になって、歌丸さんの集中力が散漫になってしまうことだ。また「私の歌丸さんをひとり占めしないで!」と熱狂的なファンの反感を買う可能性もある。


■そっぽを向く
まったく関係ない方向を見るこの行動、例えば斜め上をずっと見ていると、その方向に何かあるのではないかと視聴者は気になり、歌丸さんの挨拶から興味を失ってしまう恐れがある。ツンデレ行動の一環としてそっぽを向く場合もあるだろうが、オープニングの間に「デレ」を出さなければ歌丸さんに伝えるチャンスはないと思われるので、早めの「デレ」を心掛けてもらいたい。


■目を閉じる
視線をどこに向けても一長一短。ならば目を閉じてしまおうというのがこの行動だ。目を閉じ静かにしているために歌丸さんの挨拶をよく聞いているように見える。一方、ただ寝ているだけにも見える。これには歌丸さんが不快感を露わにしてもおかしくない。談志師匠のエピソード(落語を上演中に居眠りしていた客を注意して退場させ、裁判に)の二の舞にならぬよう気をつけたい。


■アイマスクを付ける
どこを見たら良いかわからない。目を閉じるのも考えものだ。ならばどうすれば良いか。そう、アイマスクの出番である。アイマスクをしていればどこを見ているか隠すことができ、アイマスクに目が描かれているタイプのものならば寝ているようにも見えない。ただ、バラエティ番組の企画でアイマスクを付けられ連れて来られた人に見えなくもなく、「もうすぐアイマスク外して『ここはいったいどこですか!』と驚くのかな?」と、観る者がそればかり気になってしまうところが難点である。


■気づかない振りをする
歌丸さんの挨拶が始まっても、そんなことは関係なしに周りの友達とおしゃべりしたり、ポップコーンを頬張るなどして、隣に歌丸さんがいることに気がつかない振りをする。挨拶終盤になって、振り返り横を見ると歌丸さんがいて「うわっ!」と驚き、手に持っていたポップコーンをばら撒いてしまう。この行動、利点はほとんどない。強いて挙げれば、若者らしさを出せることくらいか。


■笑い転げる
お腹を抱えて笑い転げる。歌丸さんが何か言う度に大笑い。噺家にとってやはり笑い声は嬉しいものであり、なによりもエネルギーとなる。この行動は歌丸さんの気分を高めるには実に良い方法であろう。ただ笑いすぎると「馬鹿にされているのでは?」と歌丸さんが思ってしまうので注意してもらいたい。


■席を外す
いっそのこと席に座らずにどこか行ってしまう方法。歌丸さんがどんなに楽しく挨拶しても、隣にポツリと空いた席がどうしても目立ってしまう。観る者すべてがどこか物悲しさを感じることだろう。歌丸さんもそこばかり気になってしまう。「もしかして嫌われているのかな」と気にしてしまうかもしれない。笑点のオープニングには似つかわしくない行動だ。


■手拍子を要求して盛り上げる
■挨拶に合いの手を入れる
■歌丸さんに向かって手をひらひらさせて盛り上げる
どれも歌丸さんの挨拶を盛り上げてる動き。歌丸さんがこういった学生ノリが好きか嫌いかによる。

続きを読む

この記事の元ブログ: 『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合について


最新の人気記事はコチラ
きみ、なにバックス?このエントリーを含むはてなブックマーク
『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合についてこのエントリーを含むはてなブックマーク
デイリーポータルZさんと喧嘩するこのエントリーを含むはてなブックマーク
フリーイラスト素材だけで「天空の城ラピュタ」このエントリーを含むはてなブックマーク
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみたこのエントリーを含むはてなブックマーク
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方このエントリーを含むはてなブックマーク
デスノートをノート以外で考えるこのエントリーを含むはてなブックマーク