カプコンの「スーパーストリートファイターIV 3D EDITION」が100万本突破。

写真拡大

カプコンは4月12日、ニンテンドー3DS向けソフト「スーパーストリートファイターIV 3D EDITION」が全世界で出荷100万本を突破したと発表した。

「スーパーストリートファイターIV 3D EDITION」は、日本では2月26日、欧米では3月25日、北米では3月27日に発売。3D映像の迫力を盛り上げる新視点の追加や、通信機能を使用したさまざまな対戦システムの搭載、さらに初心者でも手軽に楽しめるタッチスクリーンによる簡単な操作など、ニンテンドー3DSの機能を活かしたタイトルだ。

なお、カプコンはニンテンドー3DS向けのタイトルとして、「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」「ロックマンDASH3 PROJECT」などの開発を進めている。

「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目が登場。1991年発売の「ストリートファイターII」が世界的なヒットを記録し、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計3,100万本(2011年4月12日時点)を突破している。