ソフトバンク孫社長が珍しく弱気な発言「これからどうなるんだ。やな予感がする」

写真拡大

ソフトバンクグループの代表であり、人気の『Twitter』ユーザーでもある孫正義社長が、4月11日に東日本で発生した強い地震に関して言及しています。書き込みの内容ですが、いつもの自信に満ち溢れた孫さんとは違うようです。以下は、孫社長のTwitter書き込みです。

<孫正義社長の書き込み>
「今日も何度か地震があったなあ。しかも、段々関東に近寄って来てる気がする。原発もいっこうにおさまらない。一体全体これからどうなるんだろう。やな予感がする」

※Twitterから引用掲載しました

いつもは強気な意見や前向きな考えを書き込みしている孫社長ですが、今回ばかりは大きなショックを受けたようで、「一体全体これからどうなるんだろう。やな予感がする」と、弱気で不安なコメントをしています。

天災ばかりは人間の力で抑えることはできません。しかし、発生したときの対処法を万端にしておけば、被害を最小限に止めることはできるのではないでしょうか? いつ地震が発生しても大丈夫な態勢にしておきたいものです。

画像: Twitter

■関連記事
総務省の「インターネット上の流言飛語への適切な対応に関する要請」は言論統制なのか? 総務省に聞いてみた
福島第1原発・放水口付近の海水から約1250倍の放射性物質
“食品ロス”を減らして被災地を支援 フードバンクの取り組みとは
東京でミネラルウォーターを買い求めパニックの画像が話題に
オークションで水道水を販売!? 福井県産の水を20L売ってやるぞ!→購入者ゼロ