【懐かしいゲーム特集】「ゾンビハンター」(ファミコン版)

写真拡大

しっかりしろよぅ!(画像:amazon.co.jp)

「ゾンビハンター」は1987年にハイスコアメディアワークからファミリーコンピュータ版としてリリースされたアクションRPGです。

「ゾンビハンター」は横スクロールのアクションRPGですがゲーム自体は2時間弱で完結する感じでサクサク進みます。そのため当時はちょっとした気分転換に良く遊ばれていました。

※ちなみに開発元のハイスコアメディアワーク社は「ハイスコア」というゲーム雑誌を発行していました。にもかかわらず当時の他社(特に「ファミコン通信」)でのゲームレビューも好評価だったようです。おそらくプレー時間がかかりがちなRPGでゲーム時間が短くても面白いものが出来るという点にあったのではないかと思われます。

ゲームシステムで面白いのが、上半分でゲーム画面、下半分でメッセージやステータス等の表示に使用していたという点です。これはパソコン版RPG等で良く見られている画面構成であり、例えば「ロマンシア」パソコン版や「ソーサリアン」パソコン版はそのような画面構成です。これはファミコン版では画面全体でグラフィックを表示する(スクロールする)ことがハードの特性上向いていたのですが、1987年前後のパソコンの場合はハードスクロールが無い場合が多く画面表示を小さめにすることで処理速度を速くするという理由があったと思われます。但し、「ゾンビハンター」の場合、画面を2等分したのは処理速度を速めるというよりはスポーツの実況中継のような構成を意識したのではないかと思われます。

※ちなみに音声合成も採用しているのでゲームの電源を入れた時に驚くかもしれませんね!


(C)ハイスコアメディアワーク
▼外部リンク

ゾンビハンター

■関連記事
【PSP】パタポン3が江頭2:50さんに乗っ取られる!?『エガポン』
そらのおとしものf お守り登場
東方Project最新作「東方神霊廟(しんれいびょう)」はWeb配信が先行
【アニメ】「俺たちに翼は無い」第2話もプチ扇情的展開(ネタばれ注意)!
Rewrite TCG万能プレイマットが発売