環境ゲームのやり込み!(画像:Amazon.co.jp)(C)任天堂株式会社 ※画像はイメージです。

アップルタウン物語」は1987年にDOG(現 株式会社スクウェア・エニックス)からファミリーコンピュータ版ディスクシステム用としてリリースされたゲームです。

※ジャンルとしてはシミュレーションゲームになると思われますが、環境ゲームという呼び名のほうがぴったりです。
限界に挑戦!今回やり込みゲームとして挑戦する「アップルタウン物語」ですが、以前ご紹介した通り、エンディングもゲームオーバーも存在しません。そこで今回のやり込みでは「自分が限界と感じるまでプレイする」ということに挑戦してみました(ちなみに約3年前の出来事です)。

ゲーム開始約1時間前後では、アクティブにプレイ。とりあえず猫にエサを与えながら女の子のピアノを聞く等をしていました。

しかし、だんだん単調になってきたので「星座占い」をしてみて、その日の運勢をみながら行動を決めてみました(約2時間経過後)。そのままファミコンの電源を入れた状態で買い物に出かけてみました(占いでは外出すると良いことがあるみたいでした)。

ゲーム開始から約4時間後、プレイを再開してみると猫と女の子が暴れていました(どうやら、長時間放置するとすねてしまうようです)。買い物して疲れたので私も寝てしまいました。

翌日の早朝(約15時間経過後)、プレイを再開してみると女の子はゲーム時間で夜なので寝ているようでした。

※実はこの直後、空しくなったので(自分で限界と感じました)、ゲームの電源を落としています。

今回の結論 「アップルタウン物語に負けました。」


©SQUARE ENIX CO.LTD ALL Rights Reserved 2011
▼外部リンク

ファミリー コンピュータ(AV仕様 ファミコン)
「アップルタウン物語」公式HP

■関連記事
菅野よう子さん新企画アルバムが6月発売!
【モスバーガー】『とびきりハンバーグサンド「B.L.T.」』、『とびきりハンバーグサンド「L.T.」』
(ネタバレ注意)「GOSICK-ゴシック-」第12話、木登りに憧れるヴィクトリカ。
【懐かしいゲーム特集】「グロブダー」(PS版)
【懐かしいゲーム特集】「バラデューク」(PS版)