【懐かしいゲーム特集】「シティコネクション」(ファミコン版)

写真拡大

猫踏んじゃった!(画像:amazon.co.jp)

「シティコネクション」は1985年に株式会社ジャレコからアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。

※その後、ファミリーコンピュータ版も移植リリースされています。

このゲームでは主人公クラリスが乗っている自動車「クラリスカー」を操作して、各ステージの道路を全て通過することが目的となっています。

移動中に「パトカー」が追走してきますが、オイル缶をぶつけてスピンさせることが出来ます。また道路に「タケノコ」や「ネコ」が障害物として登場します(ちなみに「ネコ」にぶつかると「猫踏んじゃった」の曲が流れます)。

現在じっくり見てみるとかなり不条理な設定ですが、そもそも自動車で「ネコ」にぶつかったら「ネコ」のほうが弱いような気もします。また「タケノコ」が道路からいきなり生えてくるというのもかなり無理があるような気がしますが、これこそがファミコンのいいところでもあります。

「シティコネクション」をプレイして謎を解き明かしてみませんか?


(C)株式会社ジャレコ 1985
▼外部リンク

シティコネクション

■関連記事
菅野よう子さん新企画アルバムが6月発売!
【モスバーガー】『とびきりハンバーグサンド「B.L.T.」』、『とびきりハンバーグサンド「L.T.」』
(ネタバレ注意)「GOSICK-ゴシック-」第12話、木登りに憧れるヴィクトリカ。
【懐かしいゲーム特集】「グロブダー」(PS版)
【懐かしいゲーム特集】「バラデューク」(PS版)