【懐かしいゲーム特集】「バラデューク」(PS版)

写真拡大

意外な関係!(画像:amazon.co.jp)

「バラデューク」は1985年に株式会社ナムコからアーケード版としてリリースされたアクションシューティングゲームです。

「バラデューク」は反動のあるショットガンで各フロアの「オクティ」という敵キャラクターを全て倒して脱出することが目的となっています。また6ステージごとにボスとの対決があります。

このゲームで面白いのが「パケット」という愉快な味方で、「パケット」を各ステージで集めるとステージクリアのときにルーレットによるパワーアップのチャンスが発生します。それによりパワーアップがなされたり、逆にパワーダウンしたりします。また「パケット」をボス戦で連れていくとボス戦で突撃して散っていきます。その姿を初めて見たプレイヤーは感動すら覚えるでしょう。
「バラデューク」トリビア実は「バラデューク」の主人公は「トビ・マスヨ」という女性だったことが「ミスタードリラー」というゲームで明らかにされています。その「ミスタードリラー」では主人公「ホリ・ススム」の父「ホリ・タイゾウ」の妻であることが判明しています。そして、その「ホリ・タイゾウ」その人こそ、あの戦略穴掘りゲーム「ディグダグ」の主人公なのです。


(C)NAMCO 1985,1997
▼外部リンク

ナムコミュージアム Vol.5 PlayStation the Best

■関連記事
【東京電力】計画停電などに伴い電気料金を割引
【文房具】本から草が?『GreenMarker』
【行ってみたシリーズ】500円でうな丼が!「宇奈とと」へ行ってきた。
【アニメ】「Aチャンネル」第1話「好き An April day」(ネタばれ注意)
侵略!イカ娘のスティッククッションが発売☆