ヤマギワ(株)は、4月11日(月)、東京駅八重洲口から徒歩5分、ブリヂストン美術館に隣接する中央通り沿いの好立地に、「ヤマギワ東京ショールーム」を開設する。
同社では昨年8月、東京・秋葉原にあった大型店舗「ヤマギワリビナ」を閉館、その後の展開が注目されていたが、「ヤマギワ東京ショールーム」では、主にレジデンシャル、商業施設、オフィスなどのコントラクトビジネスや、インテリアオプション販売会のためのショールームとして展開。ヤマギワのオリジナル照明器具をはじめ、Driade、Moroso、Sedus、Walter Knoll等々の輸入ブランド家具、クリエーションバウマン、クリスチャンフィッシュバッハ、川島織物セルコン等のインテリアファブリックを取り揃えており、照明から家具、ウィンドートリートメントに至るインテリア設計や照明計画といった、トータル提案の場として活用していく考え。建築家、デザイナー、デベロッパーなどプロユーザーに向けた新製品発表会やセミナーの開催など、充実したサービスを推進、初夏には新作照明発表会を新ショールームで開催する予定。
今後は、エンドユーザー向けの小売については、主にWEBサイトのオンラインストアでの対応となるが、ショールーム利用も歓迎で、IC資格をもつスタッフ3名が常駐して相談を受けていきたいという。また、専門店やIC等にも、顧客を連れて照明選びに来館して欲しいとのことだ。

なおヤマギワ東京ショールームについての詳報は、「インテリアビジネスニュース」(本紙)4月25日号にて掲載する予定。

所在地:東京都中央区京橋1−7−1
TEL:03(6741)5800
FAX:03(6741)5801
営業時間:午前11時〜午後6時(土日祭日定休)