ポッカが沖縄限定のミネラルウォーターのネット販売開始

写真拡大

飲料水メーカーのポッカコーポレーションが、沖縄で製造・販売している『東村の天然水』をインターネット通販で購入できるようにしました。『東村の天然水』は500mlのミネラルウォーターで、24本セットが2,640円(税込)とのこと。

インターネットショッピングサイト『Amazon』では無発泡のミネラルウォーターが売り切れ状態で、注文できたとしても到着まで時間がかる場合が多いようです。

そんななか、ポッカコーポレーションはできるだけ多くの人たちにミネラルウォーターを届けるべく、沖縄ポッカコーポレーションとの協力で、沖縄のミネラルウォーターを全国で販売できるようにしたようです。ポッカコーポレーションは、メール会員に対して以下の告知文を発表しています。

<ミネラルウォーター「500mlPET東村の天然水」限定販売中>
(株)ポッカコーポレーションでは、被災地への支援物資としてペットボトル入りの水「530mlPET富士山麓のおいしい天然水」の提供を行うとともに、全国のお客様の需要にお応えするべく、安定した商品供給に向け、日々尽力しております。しかしながら、計画停電による生産への影響や全国的な需要の大幅拡大にともない、需要にみあう十分な数量を供給できていない状況となっております。したがいまして、現在、ぽっかぽっかくらぶにおける「530mlPET富士山麓のおいしい天然水」の取り扱いを、やむなく休止させていただいております。このような状況の中、なんとか皆様にミネラルウォーターをご提供させていただく方法はないものかと検討いたしました結果、このたび、弊社グループ企業の(株)沖縄ポッカコーポレーションにて、沖縄県内で製造・販売いたしております「500mlPET東村の天然水」を取り寄せ、ぽっかぽっかくらぶにて数量限定にて通信販売することにいたしました。「500mlPET東村の天然水」は、軟水のミネラルウォーターですので、赤ちゃんの粉ミルクや離乳食にもお使いただけます。
※ポッカコーポレーションのメールより引用しました

水道水は安心ですと言われても、赤ちゃんに飲ませる水はペットボトルのものにしたい」という人は、この際に購入するのもアリかもしれません。しかし、より多くの人たちに購入してもらうため、1人2ケースまでしか購入できませんのであしからず。購入はポッカコーポレーションの通販サイト『ぽっかぽっかくらぶ』で可能です。

画像: ポッカ『東村の天然水』限定販売

■関連記事
総務省の「インターネット上の流言飛語への適切な対応に関する要請」は言論統制なのか? 総務省に聞いてみた
福島第1原発・放水口付近の海水から約1250倍の放射性物質
“食品ロス”を減らして被災地を支援 フードバンクの取り組みとは
東京でミネラルウォーターを買い求めパニックの画像が話題に
オークションで水道水を販売!? 福井県産の水を20L売ってやるぞ!→購入者ゼロ