タブレット型端末の受話器!? プラネックス『Bluetooth Ver.2.1+EDR対応 mini phone』発売へ

写真拡大




プラネックスコミュニケーションズは、Bluetooth対応のスマートフォンやタブレット端末の“受話器”になる『Bluetooth Ver.2.1+EDR対応 mini phone(BT-Phone01W/B)』を6月上旬に発売します。カラーはホワイトとブラックの2色で展開します。参考価格は5000円前後。

Bluetooth Ver.2.1+EDR対応 mini phone(BT-Phone01W)『BT-Phone01』は、Bluetoothに対応するタブレット端末やキーボード型の携帯電話型端末、スマートフォンとペアリングすることによりふつうの電話と同じように通話できるガジェットです。ペアリングを行った端末側の電話帳を『BT-Phone01』にコピーする機能(一部機種のみ)を搭載。『Skype』通話用の受話器としても使用可能です。

Bluetooth Ver.2.1+EDR対応 mini phone(BT-Phone01W/B)本体に3.5mmヘッドホン端子を搭載しており、イヤホンやヘッドホンも接続可能。HFP(ハンズフリープロファイル)対応でハンズフリー通話ができるほか、A2DPプロファイルにも対応しており、お気に入りのヘッドホンを接続して端末側の音楽を楽しむこともできます。

バッテリー残量や動作状態の表には、視野角が広く見やすい有機ELパネル(128×64ドット)を使用。本体にリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、充電は付属のMini USBケーブルから行います。約2時間の充電で、約6時間の長時間通話を実現しています。生産から廃棄処分までの製品のライフサイクルにおいて有害物質の使用量を規制するRoHSにも対応。サイズはW32.5×H72×D11.3mm、重さ約26gです。
 
 

■関連記事
auのスマートフォン『IS03』は4月14日にAndroid 2.2へのアップデート実施
日本通信が下り7.2Mbpsのドコモ3G回線を1GB単位で利用できるデータ通信SIM『b-mobile Fair』を4月15日発売へ
5〜12歳のケータイ所持率は24.6% 子どもを取り巻くケータイ事情とは?
ソニー・エリクソンがブログで『Xperia X10』のAndroid 2.3へのバージョンアップを発表 ドコモ「実施は未定」
Androidユーザーにはかなりお手軽 『Google checkout』で東日本大震災の被災者へ義援金を募金できる