『ファイナルファンタジー14』がバージョンアップで魔法がハデに

写真拡大

オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジー14』(スクウェア・エニックス)がバージョンアップしたとのこと。魔法がハデになり、迫力あるゲームが楽しめるようになったようです。

このバージョンアップは2011年4月6日に公式サイトで発表されたもので、魔法演出の変更前と変更後の写真が掲載されています。確かに、魔法使用時に発生するエフェクト(光や色など)の範囲が広くなり、ハデに見えます。

この演出の変更に関してスクウェア・エニックスは、「アクション / 魔法などのすべてのバトルエフェクトを1.5〜2倍に拡大」とコメントしています。いままでも美麗グラフィックでリアルな戦闘でしたが、魔法演出の改善により、もっと臨場感のある戦闘が楽しめそうです。

このバージョンアップに対してゲームユーザーたちは「神パッチですな!」、「うおおおおお」、「SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE」、「PCの負担が増えただけなんじゃないかと思うんだけど」、「FF14に神バージョンアップがくるらしい!」とインターネット掲示板に書き込みしています。

『ファイナルファンタジー14』はプレイステーション3版の発売が延期されており、いつ発売されるのかさえ発表されていません。より完成度が高まり、最高の状態で発売されることを期待したいですね。

画像: FF14魔法のスケール変更

■関連記事
猫を売買するのは、そろそろやめたほうがいい
「エサがないニャ〜困ったニャ〜」と飼い主に伝える猫
見ているだけで癒やされる「雪ではしゃぐニャンコ動画」
ネットユーザー大絶賛! 「転がりっぷり」に定評のある猫
ブルブルふるえるダイエットマシーンの上で寝る猫がカワイイ