beautiful people、2011-12秋冬の最新コレクション

写真拡大

 「beautiful people(ビューティフル ピープル)」が、2011年冬コレクションを発表した。コンセプトは「rabitt fashion(ラビット ファッション)」。無骨で剛健な "RUGGED fashion(ラギッド ファッション)" へのアンチテーゼとして、ウサギのように柔らかくしなやかなトラッドウェアを提案している。

 新たな価値観を生み出すためのアイデアとひらめきがたっぷり詰まった今シーズン。「beautiful people」の代名詞である大人が着るキッズサイズのウェアをはじめ、ボーイズサイズのアイテムを女の子に着せたルーズなレイヤードや、トラッドを着崩したりカジュアルをドレスアップするなど、新しいトラッドを提案した。「VAN(ヴァン)」とのコラボレーションでは、スタジャンやレジメンタルジャケット、 LEDで光を放つロゴワッペン、「VAN」の紙袋をイメージしたヌメ革のバッグなどを発表。「beautiful people」のユーモアによって "アドVANテージ" な「VAN」に進化させている。

 ラストルックの女装4体は、ダスティン・ホフマン主演のコメディ「トッツィー」をイメージ。ウィットに富んだコレクションを作り上げた「beautiful people」の4人(右下はデザイナー熊切秀典)がモデルを務めている。


beautiful peopleのコレクション画像を見る