「本当に嬉しいよ」 『マチェーテ』主演のダニー・トレホが『みうらじゅん賞』受賞でコメント

写真拡大




ロバート・ロドリゲス監督とクエンティン・タランティーノ監督が、1970年代のB級映画へオマージュをささげた作品『グラインドハウス』。この作品で本編の開始前、架空の予告編として上映された『マチェーテ』は、その後ロバート・ロドリゲス監督により実際の映画として昨年日本でも公開され、ブルーレイとDVDが4月6日に発売。この作品で、昨年12月に開催された『第13回 輝く! みうらじゅんアワード』の『みうらじゅん賞』を受賞した主演のダニー・トレホが、受賞コメントを発表しました。

『マチェーテ』は、罠にはめられ失職した元保安官のマチェーテが、不法移民嫌いの政治家暗殺を依頼されるも、さらに罠にはめられ、巨大なナタ(マチェーテ)を手に黒幕の麻薬王への復讐に立ち上がる……というB級アクション作品。ロドリゲス監督作品に脇役として出演し、“元囚人”という特異なプロフィールを持つ異色俳優、ダニー・トレホが主演を務めます。

『みうらじゅん賞』のカエル型トロフィーを手に、トレホが発表したコメントは次の通り。

* * * * *
日本のファンの皆様こんにちは。ダニー・トレホです。 今回このような素晴らしい賞を受賞でき本当に嬉しいよ。撮影はハードだったけど、共演者やスタッフと全身全霊をかけて作った俺の大好きな映画さ。映画を観たひとも観ていない人も、是非ブルーレイやDVDで俺の雄姿を見てくれよ。
* * * * *

『みうらじゅん賞』は、1994年にスタート。毎年その年にみうらじゅん氏が心を震わせた著名人を発表しています。トレホの受賞についてみうら氏は次のようにコメント。

* * * * *
『マチェーテ』を上映する映画館は、気持いいくらいカップルがいなかった。都内では2館しか上映してないということもあり、ダニー・トレホのルックス・マニアばっかりでギューギュー。悪い男の嫁と娘をプールの中でメロメロにさせてるトレホ姿に心底、笑った。こんなに笑ったことなんて、ここ数年なかったよ。ありがとう。それにしてもトレホがロン毛である理由がわからなくて良かった。オレもこの先、ジジィになってもトレホでいくよ。トレホで。
* * * * *

ブルーレイとDVDは本日発売で、レンタルも開始。主演のトレホのほかに、ロバート・デ・ニーロ、スティーブン・セガール、リンジー・ローハン、ジェシカ・アルバと、超豪華俳優陣がその脇を固めているのにも注目です。劇場で見逃した方も、これを機会にみうら氏を笑わせたトレホの雄姿をチェックしてみるのはいかが。



■関連記事
映画『マチェーテ』のブルーレイBOXは主人公のベスト型スリーブと『エル・マリアッチ』3部作が付いてくる豪華版
ウソから出たまこと!? 元囚人俳優ダニー・トレホ初主演作! 「アツい!」と叫びたくなるB級痛快アクション『マチェーテ』
これは映像革命やー!『トロン:レガシー』7分間見たぞ
草食系男子・ゆとり世代は全員起立! スタローン隊長率いる『エクスペンダブルズ』がスゴい!
ウィル・スミスの親バカが炸裂!! 『ベスト・キッド』はエンドロールがスゴいぞ!