日本通信が下り7.2Mbpsのドコモ3G回線を1GB単位で利用できるデータ通信SIM『b-mobile Fair』を4月15日発売へ

写真拡大




日本通信は、下り最大7.1Mbps、上り最大5.4MbpsのNTTドコモの3G回線を1GB単位で利用できるデータ通信用SIM『b-mobile Fair』を4月15日に発売します。有効期限4か月で1GBを利用できるSIM本体を9800円(税込み)で販売し、その後はオンラインチャージにより1GBを8350円(税込み)で買い足していく仕組み。

SIMロックフリーのスマートフォンやタブレット、日本通信が販売しているAndroidスマートフォン『IDEOS』やAndroidタブレット『Light Tab』に利用可能。『IDEOS』や『Light Tab』は端末をWi-Fiルーターとして使うテザリングにも対応し、同じ料金で利用できます。Android端末を利用する場合は、専用アプリ『bCharge』を利用して残量の確認や継続利用する1GBの追加購入が可能。

利用可能な端末については、同社ウェブサイトで確認してください。ファームウェアのアップデートにより利用できなくなる端末もあるので、注意が必要です。

携帯キャリアが提供する定額料金サービスは一部のヘビーユーザーがトラフィックの大半を利用し、その他のユーザーが一部ユーザーのネットワークコストを負担している構造であるのに対し、フェアな料金体系を目指して名づけたという『b-mobile Fair』。ドコモが4月以降に販売するスマートフォンはSIMロック解除が可能になっているため、データ通信を中心に利用するスマートフォンやタブレットのユーザーには有力な選択肢になりそうです。

『b-mobile Fair』主な仕様
SIMカードサイズ:25×15mm
通信ネットワーク:ドコモFOMAネットワーク
通信方式/周波数:W-CDMA/HSDPA/HSUPA、2100Mhz/800MHz
パッケージ内容:SIMカード、SIMカードホルダー付きスタートガイド、3Gデータ通信料、インターネット接続料

■関連記事
ついに登場 SIMフリー版『iPad』をドコモ網で使えるマイクロSIMを日本通信が発売
日本通信がSIMフリーの『iPhone 4』向けにドコモ網で使えるマイクロSIM『talking b-microSIM プラチナサービス』を発表
日本通信が3960円/月でデータ通信と音声通話を利用できるスマートフォン用SIMカード『talkingSIM』発売へ
まとめて払って安心定額なb-mobile『定額 Doccica U-300』を試す
Wi-Fiスポットを持ち歩ける!バッテリー内蔵の無線ルーターを試すよ