容姿や言動は平均程度、彼氏やダンナがいたこともある。でも、モテないオーラが出てしまっている「モテない系女子」。自らもそんな「モテない系女子」だと語る文筆家の能町みね子さんは、モテない系にも色々なタイプがあると分析しています。

 性格のタイプとしては、男子のふところの中にスッと入っていける柔軟派と、まったく入っていけない小心派の2つに分かれると能町さん。その違いは「半タメ口」が使いこなせるかどうかにあるそうです。

 「半タメ口」とは、基本的には敬語ですが、わりと態度がなれなれしく、たまに「そうなんだー」「そっかぁ」などと、さりげなく軽いタメ口を挟む話術のこと。この「半タメ口」が男子のフトコロに入り込んでいく突破口になると、能町さんは言います。

 小心派はその性格ゆえに、異性と仲良くなってもなかなか敬語を崩そうとしない傾向があります。しかし、柔軟派は知り合って間もない男性に対して、半タメ口を使えるのだとか。ちなみに、モテ系には「半タメ口」を使いこなせる人が非常に多いそう。

 どうやら、モテない系同士でも「半タメ口」をうまく使いこなせるかどうかで、異性との関係はだいぶ違ってしまうようです。



『くすぶれ!モテない系』
 著者:能町 みね子
 出版社:文藝春秋
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「サービス不在」のサービス産業だった映画界で、注目のキャンペーン始まる』(2011年3月29日16:45)
『『ジャンプ』に続いて『マガジン』も−被災地支援で無料配信決定』(2011年3月29日08:30)
『第2回サムライジャパン野球文学大賞は『高校球児ザワさん』』(2011年3月28日08:30)


■配信元
WEB本の雑誌