東京電力が放射線量測定データを「使いづらく」している理由

写真拡大

※図A

東京電力の公開している福島原発などの放射線量測定データは、扱いづらいPDFフォーマットで、しかもセキュリティ設定がおこなわれているため、通常の方法では利用が困難です。なぜそんなことになっているか、その理由を直接きいてみました。


東京電力からの回答(4月4日回答)
(略)
モニタリングデータの公開につきましては、当社が提供した情報のすべて、あるいは一部をそのまままた改変して転用・複製等されることを防ぐため、PDFファイルにセキュリティ設定を行っております。

何卒、ご理解いただけますようお願いいたします。

……ご理解いただけるわけがないでしょう。

これらの測定データは有効に使われなければ意味がありません。「発表しました」という体裁だけつくれればいい、ということなのでしょうが、この期に及んでなぜこのようなことを続けるのか、理解に苦しみます。むしろ「使いづらく」しているために、利用の際、ミスが起きる可能性が高まっています。


●有志の方が手間をかけて変換している
先ほども書きましたが、東京電力が発表している放射線量データは、コンピューターでそのまま読めない形になっています。ですので、利用するためには手作業を含む変換作業が必要となります。この作業、三重大学の奥村晴彦教授がやってくださっています。この労があってこそ、やっとコンピューターにも読める形となり、晴れて使える形でデータが公開されている状態になっているのです。奥村先生はコンピューターアルゴリズムが専門であり、この世界ではたいへん有名な方です。


三重大学の奥村晴彦教授による作業メモより:

東京電力 http://www.tepco.co.jp/ で公開されている福島第一・第二原子力発電所の放射線量率データは,手打ちPDFのようで,そのままでは機械可読ではないので,コピペと若干の自動処理でExcelおよびCSVファイルにしました。

本来、これは東京電力がおこなうべき作業であるはずです。しかし、それがおこなわれていません。

これらの利用可能となったデータを見やすくグラフ化したり、理解しやすい形に表現したりといったさまざまな工夫がおこなわれているのは、こういった有志の方が時間をとって変換の作業をおこなってくださっているからなのです。

繰り返しますが、東京電力が、利用しづらいファイル形式にわざわざ変換しなければ、もっとスムーズにデータが伝達されるはずなのです。これは本来であれば、東京電力が率先しておこなうべきことなのです。

※図B 線量データの可視化※図B

●経済産業省の指導も無視
監督官庁はこの状況をどう見ているのでしょうか。実は経済産業省や地方自治センターは、今回の震災を受け、企業や役所などに、「国民へ発信する重要情報は、利用しやすい形で公開するように」と釘をさしています。しかし東京電力はその指導すら無視しています。

東北地方太平洋沖地震等に係る情報提供のデータ形式について(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/joho/other/2011/0330.html

国民へ発信する重要情報のファイル形式について - 財団法人 地方自治情報センター(LASDEC)
https://www.lasdec.or.jp/cms/12,22060,84.html


●東京電力の中で改善されている部署もある
同じ東京電力の中でも、こういう間違った判断をする部署ばかりではありません。電力供給状況に関しては、当初使いやすい形でのデータ提供はありませんでしたが、早い段階でコンピューター処理をしやすいCSVフォーマットでのデータ提供がはじまりました。それを受けて、経産省自ら「アプリを作ったら教えて」とまで言っているほどです。電力利用状況に関するさまざまなグラフや工夫を凝らした表現が増えたのは、そのおかげでもあります。
※図C みんなで節電 消費電力ブログパーツウェブサイトより※図C

しかし何故か福島原発等の放射線量の測定データに関しては、いつまでたっても「セキュリティ付きのPDF」のままで、利用されることを拒否した状態です。この問題、将来的に関係者の責任が問われることになるでしょうが、情報が欲しいのは、まさに今です。今からでも遅くないですので、考え方を改めていただき、すべての情報を利用しやすい形で公開するようにして欲しいと思います。

※多数の関連リンクについてはガジェ通サーバーの記事したの関連リンク集をご覧ください。

※修正等: [4月6日20時]モニタリングカーによる計測状況発表データの画面スクリーンショットにトップ画像さしかえ(当初、可視化されたグラフをトップ画像としておりましたが、それを東電発表PDFと勘違いしている方がおられたようなので)。[4月7日20時]図Cの画像をさしかえ。

■関連記事
【放射能影響予測】SPEEDIがちっともスピーディじゃない上に国民はスルーしてIAEAにだけスピーディに予測情報が報告されてた事について
「こだまでしょうか」ACのコマーシャルに登場する 金子みすず の詩と背景について「いいえ、誰でも」
責任放棄?日本気象学会理事長コメントから見る「放射性物質の拡散予測が出てこない理由」
みんなはいま、なにを思っているんだろう?
放射性物質「3月15日に福島原発より大量放出。以降、大気への大量放出は起きていない」早野龍五教授が最近の測定とシミュレーションで結論