加藤紀子がプロデュースするニッセンの新ブランド「Code Mode」

写真拡大

 ニッセンが、女優・タレントとして活躍する加藤紀子のプロデュースするレディースアパレルブランド「Code Mode」を発表した。大人の女性として輝く加藤紀子の持つピュアな感性と共に自由なスタイルで楽しめるファッションを提案。ECサイトでの販売を既に開始しているほか、商品が掲載されている2011年「nissen,」夏号のカタログは全国の書店やコンビニなどで順次展開(※無料配布)をスタートしている。

加藤紀子プロデュースの新ブランド「Code Mode」の画像をもっと見る

 加藤紀子がプロデュースした新ブランド「Code Mode」は、人間的にも洋服にも品と自分らしさを大事にしたい30代半ばからの大人の女性をターゲットに展開。柔らかく漂う女性らしさと、子供のような無邪気さが共存した遊び心あるリアルクローズにトレンドをミックスさせたウェアを提案している。ブランドの名前は"本当は誰にも教えたくない私だけのお気に入り...秘密のファッション"という意味から由来。女優、歌手、コメンテーターなど幅広い活動をしている加藤紀子は、世界各国の旅行などを通して広い意見を持つ魅力的な女性であるということからブランドのプロデュースに携わることが決定した。商品選定、スタイリング、素材、商品のカラー、プリント柄、ステッチの色まで全てに関わっているほか、カタログやウェブでは自らがモデルを務めている。商品の中心価格帯は、ジャケットが4,990〜5,990円、ブラウスが3,990〜4,990円、プルオーバーが2,990〜3,990円、ボトムが4,990円程度。9月20日頃までの夏企画でのコラボレーションとなっており、秋冬以降の展開も予定されている。

 「Code Mode」の制作にあたり、こだわったポイントについて加藤紀子は「どこかにフェミニンな部分があって、でもイキイキしたアクティブさもあるような、着るだけで女子気分のテンションが上がるような服にしたいと考えました。着方次第でいろんなスタイルになれるけど、キレイに見えるように、シェイプや丈や色味にはこだわりました。普段使いしてほしい洋服なので、とがり過ぎずに楽しめて買った喜びを分かち合えるような服であることを意識しましたね」とコメント。デザインだけではなく、着る人の気分を考えた服づくりを提案している。

■「Code Mode」取り扱いECサイト
http://www.nissen.co.jp/cate001/event/SL11SP003_001_noriko_kato/index.htm