キーラ&ジョー黄金タッグによる新CF モデルは現代版"ココ シャネル"

写真拡大

 「CHANEL(シャネル)」の人気フレグランス「COCO MADEMOISELLE(ココ マドモアゼル)」の新CFムービーが公開された。2001年に発売されて以降「N°5」と並ぶ人気を得ている「COCO MADEMOISELLE」。2007年にミューズに迎えられたKeira Knightley(キーラ・ナイトレイ)と映画監督Joe Wright(ジョー・ライト)、そして衣裳デザインKarl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)と豪華競演によって製作されている。

キーラが演じるココ・シャネルの画像をもっと見る

 「CHANEL」は、専属調香師ジャック・ポルジュにより創始者Coco Chanelを体現するフレグランスとして1984年に「COCO(ココ)」を発売。彼女のバロック趣味やオリエントへの憧れから着想された「COCO」は、スパイスとイランイランを贅沢に使用したオリエンタルな雰囲気を醸し出す至高のエレガンスを備えたフレグランス。この誕生から17年後の2001年、により「COCO」に新たな解釈が加えられた。伝統やしきたりを一蹴し新たな解釈を生み出した自由で奔放なCoco Chanelを現代へと映し出す香りとして「COCO MADEMOISELLE」が誕生。「COCO」の要素を残しつつも爽やかで新しい"フレッシュオリエンタル"な香りは、10年もの年月を経てもなお世界中から愛され続けている。

 映画「つぐない」や「プライドと偏見」、そして3年前に製作された「COCO MADEMOISELLE」のCFムービーでもタッグを組んでいるKeira KnightleyとJoe Wright。イブニングドレスが印象的だった前作とは一転、今作ではCoco Chanelの現代像を象徴する作品へと仕上げている。Keira Knightleyが着用している衣裳は「CHANEL」のデザイナーを務めるKarl Lagerfeldが手がけたもの。パリのバンドーム広場を舞台に70年代のDUCATI(ドゥカティ)のバイクを乗りこなすキーラ演じる現代の"Coco Chanel"が、「COCO MADEMOISELLE」が放つ若々しくもセンシュアルな香りに新たな解釈を与えている。

■CHANEL
URL:http://www.chanel.com/