放射性物質「3月15日に福島原発より大量放出。以降、大気への大量放出は起きていない」早野龍五教授が最近の測定とシミュレーションで結論

写真拡大




(写真は3月15日朝7時の福島第一原発ライブカメラの様子。左側、煙が出ているのがわかる。写真は鮮明化してあります)

「福島第一原発から、今も大気中への放射性物質の放出はおこなわれているのだろうか」「放射性物質が大気中へ出ているとしたら、どこへどれくらい流れているのだろうか」――福島原発周辺で生活している人であれば誰しも気になるところだと思います。現時点で収集できるデータを元に、東京大学大学院理学系研究科の早野龍五教授が「3月15日の朝、福島第一原発から大量放出」があったものの、「その後現在に至るまで原発から大気への大量放出は起きていない(海は別の話として)。」という結論をツイッターで発表されました。

以下、早野教授の連続ツイート(ツイッターでの投稿)を記者が関連図表などを挿入して整理したものです。

尚、この記事はたくさんのリンクと図表があるため、配信先ではすべて閲覧できません。申し訳ありませんが、続きはガジェット通信サーバー上の記事でご覧ください。



■関連記事
「こだまでしょうか」ACのコマーシャルに登場する 金子みすず の詩と背景について「いいえ、誰でも」
責任放棄?日本気象学会理事長コメントから見る「放射性物質の拡散予測が出てこない理由」
みんなはいま、なにを思っているんだろう?
東京都知事選挙2011政見放送まとめと「伝説」となった過去の政見放送
絶望と希望:南三陸町のレポート(早稲田大学大学院専任講師 西條剛央)