ソフィア・コッポラ監督の最新作「SOMEWHERE」明日公開

写真拡大

 ソフィア・コッポラ監督の映画「SOMEWHERE(サムウェア)」が、2011年4月2日から新宿ピカデリーほかで全国ロードショーする。すさんだセレブ生活を送る映画俳優の父とティーンエイジャーになる一歩手前の娘が過ごす、かけがえのない日々を描いたハートフルなヒューマンドラマ。衣装デザインはマーク・ジェイコブスの元で働いた後、スタイリストとして活躍するステイシー・バダットが手掛けている。

ソフィア・コッポラ 最新作「SOMEWHERE」公開の画像を拡大

 ソフィアが監督を務める作品は今回で4作目、前作「マリー・アントワネット」の公開から4年が経過した。第67回ヴェネチア祭を制した待望の新作「SOMEWHERE」は、フェラーリを乗り回し、酒と女に溺れるなど退廃的なライフスタイルを送るジョニーのもとに前妻と同居する11歳の娘クレオがやってくるというストーリー。主人公ジョニーは、久しぶりに過ごす娘との親密な時間のなか、自堕落な生き方が置き去りにしてきた大切な何かに気づいていく。「ロスト・イン・トランスレーション」など、孤独にうつろう心を繊細に映し出してきたソフィアが親子のひと時のふれ合いを優しいまなざしで見つめた新境地の作品。父親ジョニー・マルコ役にスティーブン・ドーフ、娘のクレオはエル・ファニングが演じている。

 「SOMEWHERE」をはじめ、今までの作品にもホテルが多く登場することについてソフィアは「そう、『マリー・アントワネット』のヴェルサイユ宮殿もホテルみたいでしたね(笑)。子供の頃、父がいろいろな場所で撮影する時、一緒に行ってよくホテルに泊まっていたんです。ホテルの中は独自の世界になっているからおもしろかった」とコメントしている。今回映画の舞台となっているハリウッドの伝説のホテル"シャトー・マーモント"は、ソフィアが父親と過ごした思い出の場所。二児の母となったソフィア自身の"今"も反映された作品となっている。

 「SOMEWHERE」は、ソフィアの父フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮、兄ローマン・コッポラが製作を務めているほか、ウディ・アレン監督「人生万歳!」など数々の作品を手掛けるハリス・サヴィデスが撮影を行った。スウィートでメランコリックな音楽は、フランス・ヴェルサイユ出身の4人組ロック・バンド"フェニックス"が担当している。

■公式サイト
http://www.somewhere-movie.jp/index.html