エイプリルフールを自粛したウェブサイト一覧 東京電力は今日もエイプリルフール?

写真拡大

4月1日といえばエイプリルフール。エイプリルフールといえば誰もが毎年楽しみにしているウソつき合戦。インターネット上でもおもしろジョークや手の込んだウソが繰り広げられている。毎年恒例となっており巡回コースが決まっているくらいだ。

しかし今年は3月11日の東日本大震災を受けて自粛しているウェブサイトも多いようだ。そんなわけで今回はエイプリルフールを行っているサイトではなく、自粛しているウェブサイトを紹介していきたいと思う。

アイレム …… アイレムは早々にエイプリルフール中止をサイト上で発表。ほか『絶体絶命都市4』などタイトル発売中止も発表されている。同社は毎年凝った内容のウソをウェブサイトに掲載し、後日本当にしてしまうという趣向の凝りよう。楽しみにしていたファンも多いはずだ。

インプレス …… 「今年のエイプリルフール企画は中止になりました。」と掲載。過去にインプレスは『イリプレス うおっち』や『窓の社』といったジョークサイトを展開。

円谷プロ …… 過去に『円谷ったー』などを公開した円谷プロ。残念ながら見ることができず。

ニコニコ動画 …… 『ニコニコ動画』はコメントが逆再生になったりシステムを使った面白いエイプリルフールジョークを披露していた。しかし今年はそのようなジョークは現時点では見受けられないようだ。

2ちゃんねる …… 過去に3D対応した『2ちゃんねる』。こちらも現時点ではネタ要素は見受けられない。

まぐまぐ …… 『まぐまぐ』はサイト全てが手描き表示になり話題を呼んだ。しかし今年はそのようなネタは見られない。

Yahoo! …… 過去にインベーダーに侵略されたり3D表示になったりと凝ったトップページを見せてくれる『Yahoo! Japan』。ここも自粛ムードのようだ。

上記以外にも数多くの企業ウェブサイトがエイプリルフールを自粛している。では本当にエイプリルフールは自粛すべきなのか? 今回1000人を対象にアンケートを採ってみたその結果が次の通りだ。

内容による 365 (37.2%)
やるべき 222 (22.6%)
もう終わった* 123 (12.5%)
自粛すべき 81 (8.3%)
どっちとも言えない 63 (6.4%)

圧倒的に多いのは「内容による」という項目。次いで「やるべき」となっている。アンケートのコメントもついでに紹介しよう。

・平常運転でいいんじゃないかな
・誰か笑わせてくれ。最近つらくて堪らん。
・企業はクレーマー避けに安全策をとって自粛するよね。

不謹慎でなく明るい内容であれば問題ないという考えなのだろう。自粛ムードも徐々に消えつつあるが、企業という体裁を保つうえで、どうしてもエイプリルフールに踏み切れなかったのだろう。特にポータルサイトは災害関連情報サイトを設けつつエイプリルフールを展開するというのは難しいようだ。

日本エイプリルフール協会では今年のエイプリルフールの状況をまとめているので、気になる方はそちらを見てみると良いだろう。なお同協会が推奨する『Twitter』ハッシュタグは“#4fooljp”となっている。

日本エイプリルフール協会

■関連記事
枝野官房長官がボカロ曲『炉心融解』を歌うMAD動画に賛否両論!?
鍋で雑炊をする際に自分の取り皿分のおつゆどうする? 「飲み干す派」「鍋に戻す派」で大激論
米国で『ニンテンドー3DS』発売でバカ売れするも早速発火させる者が登場!
東京電力社員寮にガムテープで保護! 原発よりも表札を保護するのに必死
「プルトニウムは安全だよ!」と言い聞かせるプルト君が話題