米国で『ニンテンドー3DS』発売でバカ売れするも早速発火させる者が登場!

写真拡大




米国で3月27日に『ニンテンドー3DS』が発売され好調な滑り出しを見せているという。日本国内でも既に70万台販売された『ニンテンドー3DS』。現在は震災の影響もありCMも自粛され販売台数の伸びに歯止めが掛かっている。

そんな『ニンテンドー3DS』だが、早速意図して発火させる者が現れたようだ。電子レンジに『ニンテンドー3DS』を入れたらどうなるのかというもの。アメリカ恒例とも言うべきこの“ガジェット発火”は過去にも何回か行われており、『iPod』『iPhone』など様々な物が犠牲になっている。もちろん耐久性を試すという意図ではなく「どういう風に燃えるんだろ」という燃える前提、壊れる前提の実験だ。そりゃあ機械を電子レンジに入れたら発火するのは当然のことである。

もちろん『ニンテンドー3DS』も同様に数秒で発火、そして最終的には黒焦げになってしまった。もちろん動作するはずもなく神サポートを受けることもできない。

この黒焦げになった『ニンテンドー3DS』は「3D NintendaSlug」と名付けられ999.99ドルで『eBay』に出品されるとか。果たして任天堂ファンなんかアンチ任天堂なのか……。



ニンテンドー3DSをレンジで発火!(YouTube)
eBayの出品
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=150584002075#ht_709wt_1141

■関連記事
東京電力社員寮にガムテープで保護! 原発よりも表札を保護するのに必死
「プルトニウムは安全だよ!」と言い聞かせるプルト君が話題
ゲームハードシェア最新版動画! 任天堂強すぎてかなわん……
歴史ゲームで有名な『コーエー』のオフィスに嫌がらせの落書き! 「クソゲー」「天誅」
漫画家がクオリティの高い「ぽぽぽぽーん」のフィギュアを作り話題に!