節電しながら家族で遊ぼう 電気いらずのアナログゲーム『ボウリングスタジアム』

写真拡大




東日本大震災以降、節電のために家族が同じ部屋に集まって過ごすことが見直されています。せっかく家族で時間を過ごすなら、電気を使わずに楽しめるゲームはいかが? メガハウスは全長1メートルボウリングゲーム『ボウリングスタジアム』を4月下旬に発売します。

『ボウリングスタジアム』は、レーンを組み替えることによって4種類の遊びが楽しめるボウリングゲーム。スロープの傾斜を計算してピンを狙う『Uターンボウル』をはじめ、直線レーンでの『ストレート』、全長1mのテクニカルなロングレーン『クォーターパイプ』、ジャンプ台からピンを狙う『ジャンプ』など4種類のゲームを楽しめます。

ボウリングスタジアムさらに、ゲームを盛り上げるのは、特殊なボールを使用してカーブやシュートを投げられる『変化球ボール』と「ドデカピン登場!」「ピンの30本倒しに挑戦!」などのイベントを指示する『イベントカード』。ボウリング場とはひと味ちがう遊び方で楽しめます。

ボウリングは世代を問わずに人気のあるスポーツ。また、節電のために家族で遊べるアナログゲームを見直す向きもあるようです。節電を楽しく過ごすために、電気を使わない遊び方を考えてみるのはいかがでしょうか。


 

■関連記事
計画停電になったらムネに顔をうずめて昼寝しよう! 『うたた夢寝まくら』製品レビュー
女性向けに新色がそろった『ポテチの手』を使ってみた
懐かしさ満点! デパート屋上にあった“ヒーロー型コイン遊具”を再現した貯金箱
独特の声でマネしてくれる ものまねハムスター『ミミクリーペット』をタカラトミーが発売
話しかけてくる“冷蔵庫保存型ガジェット”の新シリーズ『Fridgeezoo Friends』