金総書記「住民に石ぶつけられる夢みちゃった」と現代グループ会長へ吐露

写真拡大

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が「住民から石をぶつけられる夢をみた」と吐露していたことが判明し、話題となっている。ワンマンぶりを発揮して独裁政権を貫く一方で、意外とも言える弱気発言に周囲は驚いている。金総書記の身に何が起こったのだろうか。

金総書記のこの発言は、今は亡き鄭周永(チョン・ジュヨン)現代グループ名誉会長との会談の席でのことだった。3月27日、韓国MBC『日曜インタビュー』へ出演した鄭夢準(チョン・モジュン)ハンナラ党前代表は「鄭名誉会長が1998年から2000年にかけて訪朝した際、金総書記から聞いた秘話がある」として、この事実を明かしたのだ。

金総書記は会談で、「私が姿をみせると住民たちは外に出てきて、歓迎しているかのように振舞うが、実際は違う。みんな私のことを嫌っていることを知っている」と語った。また、「石を投げられる夢をみる」と話し、恨みをもった住民が金総書記の夢にまで追いかけてくるというのだ。さらに、石をぶつけてくる人物とは住民のほかにも、米国人や韓国人なども加わっていたと言い、世界を敵に回していることも認識しているようだ。

この発言を聞いた鄭ハンナラ党前代表は「金総書記も、北朝鮮が危機的状況にあることをわかっているからこそ、このような発言をしたはずだ」として、「南北関係が安定化し、金総書記との対話がスムーズに行われることを願う」と、インタビューを締めくくった。

一部のネットユーザーから、「老いぼれ金正日」と呼ばれ、ここのところ急速に老化しているとの声もある。高齢という理由のほかにも、悪夢にうなされる心労も重なっているのではないだろうか。しかし、南側の人物に心情を吐露するとは、よほど疲れきっていたのか、もしくは心理作戦だったのか… …。金総書記の真意は定かではない。

参照元:Break News(韓国語)

■関連記事