ゲームハードシェア最新版動画! 任天堂強すぎてかなわん……

写真拡大




『ニコニコ動画』で数年前に話題になったメーカー別ゲームハードシェアを円グラフで表した動画。そんな動画が2010版まで更新され最新版として公開された。『円グラフで見るゲームハード別ソフト売上本数シェアの変遷』という動画で前回は2008年に公開され、データとしては2007年のシェアまで集計されたものだった。

最新版ではどのようにゲームハードシェアが変化しているのか? 集計期間は1996年から2010年。下記に動画のシェアに解説を加えたものとハードメーカーシェアを掲載したの参照してほしい。

気になる2004年以降の任天堂の伸びは、『ニンテンドーDS』のシェアがほとんどを占めている。『ニンテンドーDS』単体で6割以上を占めている年もあり、まさに“白い悪魔”と呼ばれるだけある。逆にバンダイのワンダースワン、マイクロソフトのXboxおよびXbox360はシェア一ケタ止まりとなっており、ゲーム業界に入り込むのは相当難しいようだ。

下記のデータは全て円グラフ化されておりまたメーカー別だけでなく、機種別にも分けられている。ソフト売り上げは毎年任天堂がトップシェアだがハードシェアでも凄い強さを誇っている任天堂。このままSCEと良い意味でシェアの奪い合いをして欲しい。

そして2011年はどうなるのか? 『ニンテンドー3DS』も発売しこれがどれだけシェアを伸ばすか気になるところだ。

1996年 …… 任天堂37.6% SCE35.8% セガ26.6% (三権分立といった感じか)
1997年 …… 任天堂23.1% SCE65.1% セガ11.8% (ソニープレイステーションがシェアを拡大)
1998年 …… 任天堂25.5% SCE68.2% セガ6.4% (任天堂がGBAでシェアを巻き返すもSCEには勝てず)
1999年 …… 任天堂32.3% SCE62.5% セガ4.8% バンダイ0.4% (バンダイがワンダースワンで参入するも苦戦)
2000年 …… 任天堂39.9% SCE55.0% セガ3.9 バンダイ1.1% (任天堂がGBAでシェアを更に拡大)
2001年 …… 任天堂41.4% SCE55.0% セガ2.6% バンダイ1.1 (ゲームキューブ発売するもプレステ2には勝てず)
2002年 …… 任天堂39.0% SCE59.7% セガ0.8% マイクロソフト0.5% (黒船Xbox参入)
2003年 …… 任天堂41.9% SCE58.1% (セガ、マイクロソフトがシェア争いから離脱)
2004年 …… 任天堂40.4% SCE59.6% (白い悪魔ニンテンドーDSついに発売 しかし年末発売のためシェアは少ない)
2005年 …… 任天堂45.3% SCE54.7% (DSのシェアが広がり始める。PSP単体のシェアは4.8%)
2006年 …… 任天堂68.9% SCE31.1% (DS単体でのシェアが60%を超える)
2007年 …… 任天堂78.8% SCE21.2% (任天堂が8割近いシェアを獲得)
2008年 …… 任天堂69.9% SCE29.7% マイクロソフト0.4% (PSPがモンハン効果でシェアを伸ばす)
2009年 …… 任天堂73.0% SCE26.2% マイクロソフト0.8% (任天堂7割近いシェアを維持、PSPも順調)
2010年 …… 任天堂58.7% SCE41.3% (マイクロソフトシェア争いから再度離脱 PSPが倍以上の増加)

円グラフで見るゲームハード別ソフト売上本数シェアの変遷(ニコニコ動画)

■関連記事
歴史ゲームで有名な『コーエー』のオフィスに嫌がらせの落書き! 「クソゲー」「天誅」
漫画家がクオリティの高い「ぽぽぽぽーん」のフィギュアを作り話題に!
ニューヨークに居る世界中の人から日本へ動画メッセージ 「ガンバレニッポン!」「マケルナニッポン!」
枝野官房長官のタイムキープの凄さが過去のテレビで判明 まさに神業
今読んでおきたい漫画! 親子ではない二人の親子愛『うさぎドロップ』