岩波書店『世界』2011年1月号特集「原子力復興という危険な夢」一部PDFを無料公開

写真拡大




岩波書店は、『世界』2011年1月号特集「原子力復興という危険な夢」から3論文を、著者の了解を得てPDF化。“当面の間”無料でダウンロードできるように公開しました。

公開されたのは、ドイツのエネルギーと原子力政策に関する独立コンサルタント代表 マイケル・シュナイダー氏(田窪雅文氏 訳)「原子力のたそがれ――米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」、ジャーナリスト 明石昇二郎氏「原発輸出――これだけのリスク」、地方自治ジャーナリスト 葉上太郎氏のルポルタージュ「原発頼みは一炊の夢か――福島県双葉調が陥った財政難」の3論文。

くわえて、『科学』1997年10月号に掲載された地球化学者 石橋克彦氏の「原発震災」も公開。石橋克彦氏は2005年2月23日に、衆議院予算委員会公聴会で原発震災を強く警告したことでも知られています。いずれの論文も、現在の福島第一原発事故そして日本の原発事情への理解を助ける内容。今、日本で起きていることを把握したうえで、日本の未来を考えたい人はぜひご一読を。

岩波書店が無料公開したPDF
マイケル・シュナイダー氏(田窪雅文氏 訳)「原子力のたそがれ――米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/01/pdf/skm1101-1.pdf
明石昇二郎氏「原発輸出――これだけのリスク」
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/01/pdf/skm1101-2.pdf
葉上太郎氏「原発頼みは一炊の夢か――福島県双葉調が陥った財政難」
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/01/pdf/skm1101-3.pdf
石橋克彦氏の「原発震災」
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/K_Ishibashi_Kagaku199710.pdf

石橋克彦氏が2005年衆議院予算委員会公聴会で話した内容
「迫り来る大地震活動期は未曾有の国難である」
http://www.stop-hamaoka.com/koe/ishibashi050223.html
 

 

■関連記事
関東の放射線量をビジュアル化したサイト「マイクロシーベルト」
福島県郡山市の避難所−広がる原発の影響
「暫定基準値」の「暫定」って何なの?
「未曾有の津波」は東京電力を免責するのか―土木学会指針と電力業界の関係―
法は震災に対応できているのか