韓国SOFTONエンターテイメント社、1千万ウォンを義援金として寄付

写真拡大

日本ではネットマーブルを通じてサービスを行っている、オンラインゲーム「ダークエデン」の開発会社、韓国のSOFTONエンターテイメントが、東日本巨大地震による義援金として1千万ウォンを寄付すると2011年3月21日発表した。
同社広報によると「人々に楽しみを与えようとの事業理念に基づき、“日本に発生した地震による被害を見て見ぬふりをすることはできない、断じて許されない”との経営陣による判断により寄付することに決定した」とコメントしている。なお、義援金は韓国国内ボランティア協会である「ユニセフ」を通じて寄付され、主に東日本巨大地震により被害を受けた日本の各地域緊急救助活動等に使用される予定。

▼以下SOFTONのコメント
日本に住在されている韓国国民を含め日本国内にいらっしゃる全ての方々及び被害者様達がご無事であります様、また、 一刻も早く多くの失踪者達が見つかりますよう、SOFTON従業員一同心よりお祈り申し上げます。




■関連記事
ヤングガンガン「荒川アンダー ザ ブリッジ」実写ドラマ&映画化を発表
サービス停止していた「真・三國無双 Online」再開を発表
ガマニア初のiPhoneアプリ「HERO:108」11日より配信開始
エヌ・シー・ジャパン、「ラッキーゲーム PRAY FOR JAPAN」開始
「バイオハザードザ・マーセナリーズ3D」に新作の体験版同梱