ソニー・エリクソンがブログで『Xperia X10』のAndroid 2.3へのバージョンアップを発表 ドコモ「実施は未定」

写真拡大




日本では『Xperia SO-01B』という製品名で販売されているAndroidスマートフォン『Xperia X10』。メーカーのソニー・エリクソンは、現在Android 2.1までバージョンアップが可能になっている同製品について、最新のAdnroid 2.3へのバージョンアップが可能になったとブログで発表しました。NTTドコモ広報部に問い合わせたところ、バージョンアップについて「実施は未定」と回答しています。

ブログで発表になった内容は、ソニー・エリクソンが2011年の第2四半期終わりから第3四半期初めにかけて『Xperia X10』のAndroid 2.3.3へのアップグレードを予定しているというもの。ユーザーの要望を聞いたうえで、『Xperia PLAY』『Xpera arc』『Xperia neo』といった2011年に発売する新製品の開発過程で『Xperia X10』にAndroid 2.3が実装可能になったとのこと。

2.2へのバージョンアップは飛ばして2.3へバージョンアップされ、バージョンアップした場合は2.1へ戻せない模様。また、バージョンアップを適用すると端末のコンテンツや設定が失われるほか、『Xperia X10』独自のカメラ機能である顔認識や笑顔シャッターが利用できなくなる、プリインストールされたアプリ『メディアスケープ』が2011年製品に搭載されたアプリやウィジェットに置き換わるなどの制約が見込まれています。

2月に開催された『Xperia arc』を含む新製品発表会では、タッチ&トライコーナーの説明員が『Xperia SO-01B』の2.1以降へのバージョンアップについて否定。このときは筆者の質問に対して「今のスペックでは難しい」とかわされてしまいましたが、その後メーカーによる検討の末、少なくともハードウェアスペック上は問題なく2.3へのバージョンアップが可能になったようです。

本件について、NTTドコモ広報部に問い合わせたところ、バージョンアップについて「実施は未定です」という回答を得られました。実施する場合にはユーザーに向けて発表する可能性はあるものの、実施の有無について同社から事前に発表することはないようです。日本では先週、Android 2.3搭載の『Xperia arc SO-01C』が発売されたばかりですが、現行の『Xperia SO-01B』ユーザーも辛抱強く待てば2.3へのバージョンアップが実施されるのでしょうか。買い替えを検討していたユーザーにはやきもきする状況がしばらく続きそうです。

画像:ソニー・エリクソン社ブログより引用
Update on Xperia™ X10 | Product Launch Blog
http://blogs.sonyericsson.com/products/?p=2915


■関連記事
現行機種『Xperia SO-01B』のOSバージョンアップはAndroid 2.1まで ドコモ発表会で説明員が認める
ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表
国内初のAndroid 2.3搭載スマートフォン『Xperia arc SO-01C』は3月24日発売へ
Androidのマスコット『ドロイド君』のダンスが「キモ凄い」と話題!
ガジェット通信はAndroid記者を募集しています