2008年6月 東京・秋葉原

暑い昼頃に突如起きた凄惨な事件を覚えているだろうか?
当時25歳だった元派遣社員・加藤智大被告が2tトラックで赤信号を無視して歩行者5人を撥ねた。
さらに車から降りた被告は救護に駆けつけた一般人や警察官等十数人に対し、ダガーナイフで切りつけ殺傷したという事件。

事件は日曜の昼という事もあり大々的に報道され、多くの人々がその様子を目にした。
その後東京地方裁判所第28回公判において死刑が求刑され、3月24日加藤被告は7人を殺害・10人を負傷させたとして殺人などの罪により死刑判決を受けました。

この事件の後「秋葉原歩行者天国」は中止になったが、つい最近になって再開された。今後はこんな事件の起きない平和的な楽しいイベントであって欲しいと強く願う。



■関連記事
PC用恋愛コミュニケーションゲーム「ソニコミ」発売日がついに決定!
沢山のレトロゲームが登場!コミック「ピコッとハニエル」第1巻発売!
同人誌「キュゥべえの正しい使い方」登場!
THEビッグオー「figma R・ドロシー・ウェインライト」6月発売!
フィギュア「百花繚乱 サムライガールズ 千姫 水着ver.」が8月下旬発売!