3月26日(土・現地時間)、ワシントン州シアトルのキー・アリーナでは、UFC Fight Night「Nogueira vs Davis」が開催された。

元々「Nogueira vs Ortiz」として、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ×ティト・オーティズのメインが予定されていた今大会。ティトの欠場により、フィル・デイビスが代役として出場し、ホジェリオと相対した。

初回こそ、デイビスの蹴りにパンチを合わせつつ、そのテイクダウン狙いを切っていったホジェリオ。しかし、2R、デイビスのシングルレッグに対し、ホジェリオが引き込むようにガードを取ると、試合の流れは一気にデイビスへ。

3Rには、デイビスのシングルレッグにあっさりと背中をつけたホジェリオ。スタンドに戻っても、再びテイクダウンを許し、最後は判定となり、ジャッジがデイビスを支持。ホジェリオはライアン・ベイダーに続き、ニューパワーに再び飲み込まれることとなった。

また、セミファイナルでは、アンソニー・ジョンソンがダン・ハーディを相手にフルマークの判定勝利。ウェルター級とは思えないフィジカルを誇るジョンソンは、序盤から左ハイでハーディからダウンを奪うと、その後も、要所でテイクダウンを奪うなど完封ゲームを見せた。

その他にも、ナム・ファンの欠場により実現したWEC・PPV大会のファイト・オブ・ザ・ナイトの再戦=レオナルド・ガルシア×ジョン・チャンソンの一戦は、チャンソンがガルシアからツイスターを極める見事な一本勝ちでリベンジに成功すると、計5試合が行われたFacebookファイトではウェルター級のジョン・ハザウェイ、バンタム級のマイケル・マクドナルドら、若きタイトルコンテンダー候補が勝ち名乗りを挙げている。

UFC Fight Night Nogueira vs Davis 全試合結果はコチラ