ジョン・ジョーンズのようなサイズはないが、フィジカルの強さは相当なものがあるフィル・デイビス。ノゲイラ弟も苦戦が予想される

写真拡大

UFCにとって初めてパシフィック・ノースウェスト大会となるUFC Fight Night「Nogueira vs Davis」が、26日(土・現地時間)にワシントン州シアトルのキー・アリーナで開催される。元々「Nogueira vs Ortiz」として行われるようになった当大会、対戦カードの変更が目立つが、代替カードもオリジナルにとは違った、特色を持つカードが揃った。

メインでは崖っぷちのティト・オーティズと、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラのライトヘビー級が正式発表されていたが、ティトが頭部の裂傷で欠場となり、フィル・デイビスが代役としてメイン出場となった。

メインの変更は2月のシドニー大会前に発表されたが、3月に入ってからアミール・サダロー×ドゥエイン・ラドウィックがサダロー×ジェイムス・ウィルクス、さらにサダロー×ダマルケス・ジョンソンへ。TJ・ワルドバーガー×デニス・ホールマンがワルドバーガー×ジョニー・ヘンドリックスに。

負の連鎖はここに留まらない。大会10日前にニック・ペースの負傷により、バンタム級新鋭対決、対マイケル・マクドナルド戦が消滅。マクドナルド×エドウィン・フィゲロア戦が決定すると、同日に因縁の再戦レオナルド・ガルシア×ナム・ファンが、ナムの足の負傷で昨年4月のWECファイト・オブ・ザ・ナイト=対ジョン・チャンソンとの再戦が決定している。

さすがは人材の宝庫UFCだけにオリジナルカードと遜色ない代替カードが揃ったが、ホジェリオにとって、知名度抜群のティトから、キャリア8連勝中の若手のホープとの対戦となったデイビス戦は厳しい試合が予想される。

レスリングベースのデイビスは、ロイド・アービン流の柔術とキックボクシングを武器とする。ボクシング、柔術ともに柔らかくテクニカルなホジェリオに対し、デイビスは多少荒くてもパワーを全面に押し出すだけに、いかにいなすことができるかが鍵となる。

デイビスがその若さと、ドミニク・クルーズ擁するアライアンスMMAらしい最先端のスタイルで、ホジェリオを押し切ることも大いにあり得る。
詳細&対戦カードはコチラ