19日にニュージャージー州ニューアークのプルデンシャル・センターで行われたUFC128「Shogun vs Jones」。

PPVオープニングバウトでミルコ・クロコップを右フックでKOしたブレンダン・シャウブ、秋山成勲の代役ダン・ミラーを総合力で上回ったネイト・マーコート、そしてカマル・シャルロスをヒザ蹴りからのパウンドで破り、ライト級トップコンテンダー入りを果たしたジム・ミラーの勝利の声をお伝えしたい。

■ジム・ミラー
「カマルはタフで、寿命が縮まる思いがした。思い切り殴ったから、ちょっと拳をケガしたようだ。最初にパンチを放った時に、彼の強さが伝わってきた。手を出しつづけ、疲れさせ、スタミナをロスさせようと戦った。
UFCで最も厳しいクラスで、7連勝した。タイトル挑戦の準備はできている。今日は気持ちで戦ったんだ」

■ネイト・マーコート
「この勝利で勢いづくよ。試合で、新しいネイト・マーコートを見せたかった。ミラーは以前のようにスピードがなかった。だから、トップを奪えばこの試合は勝てると確信できたんだ。
胸に向かってテイクダウンを仕掛けたのは、どれだけ彼のギロチンが危険か理解していたからだよ」

■ブレンダン・シャウブ
「これでレジェンドを二人倒したことになる。ターニングポイントになる勝利だ。クロコップが蹴る前に両足をつけていたから、思い切り右を打ち込んだんだ。
俺は案山子じゃない。クロコップはワールドクラスのキックボクサーだったから、テイクダウンを狙った。俺とクロコップではスピードが違うって感じたよ」

また、ファイト・オブ・ザ・ナイトを制したエジソン・バルボーサ、Facebookファイト、Spikeファイトで勝利したファイター=マイク・パイル、ルイス・カーニのコメントは以下の通り。

■エジソン・バルボーザ
「凄く嬉しい、神に感謝している。打撃で、特に蹴りを多用して戦うつもりだったけど、ケガをしてしまって、思ったような試合ができなかった。
柔術とテイクダウンを持っているということを示せた。蹴りが少なかったことは申し訳ない。ケガがあったからだけど、次の試合ではもっと良い動きを見せることを約束するよ」

■マイク・パイル
「この勝利に満足はしていない。試合を終わらせたかった。満足度は70パーセントくらいかな。判定までもつれ込ませたくなかったんだ。序盤に倒されたときがターニングポイントだった。あれで目が覚めたからね。
かつてないぐらい調子が良いんだ。これからは世界のベストファイターと戦っていきたい」

■ルイス・カーニ
「生まれ変わったような気分だ。UFC初戦のようにKO勝ちがしたかったんだ。テクニックが向上したから、これからはもっと今日のような試合を見せることができると思う。
タイトルに挑戦できるよう、もっと自分の能力を試合で証明していきたい。そしてUFCブラジル大会で母国の人々の前で戦いたい」