国内初のAndroid 2.3搭載スマートフォン『Xperia arc SO-01C』は3月24日発売へ

写真拡大




NTTドコモは、ソニー・エリクソン製のAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』の発売日を発表しました。2月24日に開催された製品発表会でのアナウンスどおり、3月24日の発売となります。国内では初めて最新のスマートフォン用OSであるAndroid 2.3を搭載するのが特徴。東日本大震災の影響により、配送の遅延が発生しているため、一部店舗では発売が遅れることがあるとのこと。

背面にアーク(円弧)フォルムのデザインを採用し、最薄部は8.7mm。4.2インチ 480×854 のフルワイドVGAディスプレーを搭載し、『モバイルブラビアエンジン』『Clear Black Panel』によりくっきり鮮やかな映像表現を実現します。

810万画素のカメラはCMOSセンサ『Exmor R for mobile』を搭載。手ブレ補正やLEDオートフラッシュ、開放値F2.4の明るいカメラレンズが暗い場所での撮影をサポートします。HDMIケーブル出力やDLNAサーバー機能により、写真や動画を大画面液晶テレビに出力したり、『PlayStation 3』などDLNAクライアント対応機器とワイヤレスでコンテンツを共有可能。

6月から順次、上り最大5.7Mbps、下り最大14Mbpsの『FOMA ハイスピード』に対応を予定。『Flash Player 10.1』に対応し、『spモード』と『ドコモマーケット』が利用可能。『GALAXY S』などのようなグローバル仕様の端末であるため、『おサイフケータイ』やワンセグ、赤外線には非対応となっています。

『Xperia arc SO-01C』主な仕様
サイズ:約W63×D125×H10.9mm(最厚部約11.4mm)
重量:約118g(暫定値)
3G連続待ち受け時間:約400時間
GSM連続待ち受け時間:約270時間
連続通話時間:約340時間(3G)、約390時間(GSM)
ディスプレー:約4.2インチ 480×854ドット フルワイドVGA TFT 1677万7216色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:CMOS 有効画素数約810万
カラー:Sakura Pink、Midnight Blue、Misty Silver

画像:ソニーエリクソンより引用

■関連記事
ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表
“世界最薄”のAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』は3月15日発売へ
KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表
ガジェット通信はAndroid記者を募集中です
auのAndroid 2.2スマートフォン『IS05』は3月10日に発売へ