コナミ『ラブプラス』の美少女たちが被災者に応援メッセージ

写真拡大

コナミの人気ゲーム『ラブプラス』シリーズの美少女3人が、東日本大震災の被災者をはじめとした日本国民に対し、応援メッセージを発表しました。高嶺愛花、小早川凛子、姉ヶ崎寧々の美少女3人が手をつないでいる画像も公開され、「手をつなげば、ほら、がんばれる」というメッセージも公開されています。

『ラブプラス』ファンはもちろんのこと、こんなにカワイイ女の子たちに応援されたら誰だって嬉しいですよね? 美少女3人の声も公開されており、画像や文字だけでなく声でも応援のメッセージを聞くことができます。

高嶺愛花は「あなたのちからになりたい」と「がんばろう!」、小早川凛子は「味方がいるでしょう? ここにさ」と「リンコは、いつだって味方だよ」、そして姉ヶ崎寧々は「きっといい方向に向かうって信じよう? ね?」と「わたしがいつもそばにいる」という言葉が音声で収録されています。

インターネットやケータイが使えない被災地もあると思いますので、すべての人たちがこの応援メッセージを読めないかもしれませんが、それでも読めば元気が出てくる応援メッセージなのは確かです。すべての人たちが今までの日常と同じように、ゲームで遊べる日がくることを強く願います。

画像: 『ラブプラス』公式サイト
※ガジェット通信では今回の大型地震に関する情報・動画・写真などの提供をお待ちしております。

■関連記事
ガスが止まって困った! 東京ガスが「ガスの復帰方法」をメール送信
「電気は大丈夫だけど水道が止まっている」ときは除湿機が活躍?
ホームレスが帰宅困難な人にダンボールを渡す「いつも私達は横目で流してるのに」
『Skype』が約25分間の無料通話を支援 登録メールアドレスをチェック
被災者「充電できないと電気自転車の移動は厳しい」