福島県の名湯・飯坂温泉が復活! 当面の間は無料&無休で営業

写真拡大

東北地方太平洋沖地震の影響で利用できなかった福島県福島市の名湯・飯坂温泉の8浴場が、3月18日から再開していたことがわかりました。しかも当面は無料で温泉に入れるとのことで、被災者や訪れた人たちにとって非常に嬉しいサービスですね。

無料になる飯坂温泉の共同浴場は波来湯、鯖湖湯、仙気の湯、導泉の湯、大門の湯、八幡湯、十綱湯、穴原湯(天王寺)の8つ。『RBBtoday』によると、それらの共同浴場が閉まっていた間は『ほりえや旅館』が無料でお風呂を開放していたとのとこ。

『ほりえや旅館』の女将さんは自身の公式ブログに「市営・町営の共同浴場がオープンしたことで、大きな力が動き出したみたいで、何かほっとしています」と書き込みしています。それでは、飯坂温泉の共同浴場復活に関する告知文をご紹介しましょう。

<東北地方太平洋沖地震関連のご案内>
福島市は水道の復旧と浴場建物の安全確認を得て、17日午後に8つの共同浴場を再開しました。3月17日(金)からは、午前8時から午後8時まで、以下の8つの共同浴場が営業されます。当面の間、料金は無料で、無休です。波来湯、鯖湖湯、仙気の湯、導泉の湯、大門の湯、八幡湯、十綱湯、天王寺・穴原湯。(切湯は工事中で使用不可です)福島市から、ご利用に当たり、以下の点にご留意なさるよう、連絡が来ています。

1、浴槽内のお湯の汚れやお湯の量が減少した場合には、臨時に閉館する場合があります。
2、混雑しますので、利用時間は出来るだけ短時間でお願いします。
3、8つの共同浴場のお湯は、温度が50度前後のために、加水してご利用いただいております。水道の供給量が不十分な場合、かけ湯のみとするなど、お湯の利用について制限する場合がございます。
飯坂温泉公式サイトから引用掲載しました

この共同浴場復活に対してインターネット上では「これは嬉しいじゃないか」や「飯坂温泉の共同浴場無料! すげー」などの喜びの声があがっています。また、『ほりえや旅館』を利用した人たちから「人生で5指に入る程、気持ちいい風呂だった。無料で利用させて下さった『ほりえや旅館』の方には本当に感謝。ありがとうございました」という感謝の言葉が寄せられています。

人生で5指に入る程の気持ちいいお風呂とはすごい褒めようです。そこまでいい湯なら、一度入ってみたくなりますね。気になる人は、飯坂温泉や『ほりえや旅館』をチェックしてみましょう。

画像: 飯坂温泉公式サイト
※ガジェット通信では今回の大型地震に関する情報・動画・写真などの提供をお待ちしております。

■関連記事
ガスが止まって困った! 東京ガスが「ガスの復帰方法」をメール送信
「電気は大丈夫だけど水道が止まっている」ときは除湿機が活躍?
ホームレスが帰宅困難な人にダンボールを渡す「いつも私達は横目で流してるのに」
『Skype』が約25分間の無料通話を支援 登録メールアドレスをチェック
被災者「充電できないと電気自転車の移動は厳しい」