(ネタバレ注意)「GOSICK-ゴシック-」第10話、オークションにかけられていたものは…。

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
第10話「風邪ひきは頑固な友人の夢をみる」TVアニメ「ゴシック」第10話が放送された。

ジャンタンの地下で、マネキンにまぎれて本物の少女がいるのを見つけた一弥は、事件が起こっていることをブロワ警部らに知らせるが、証拠は見つからなかった。

その帰り、一弥は街で何者かの馬車へ引き込まれてしまう。
 
気がつけばそこは馬車の中、地下で見つけた少女がそこにはいた。彼女が引き込んだのだろうか?

彼女は体験してきたそれまでの事を一弥に説明し、改めて一弥に助けを求める。
 
一弥は電話でヴィクトリカに助けを求め、街で出会った少年・ルイジと手がかりを追うが…。

風邪で寝込むヴィクトリカ、苦しむ彼女には心苦しいですが、可愛い寝顔でした。そんな彼女の言葉。
 
「どうせ、また事件に巻き込まれ、情けなく根をあげてるのだろ。話したまえ久城、手短にな。」
 
ヴィクトリカのこの言葉ほど、安心して頼れるものはないでしょう。

人食いデパート、そしてオークション。そこには恐ろしい事実が隠されていました。ブロワ警部、そして一弥は無事にこの難事件を解決できるか…?

(C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

▼外部リンク
GOSICK-ゴシック-
【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]



■関連記事
【NHK】被災地域における放送受信料免除のお知らせ
東日本大震災被災者支援「テレビ朝日ドラえもん募金」実施
ネクソン、ゲームサービスを約一週間停止
【Twitter】乙武 洋匡さんボランティア活動に提言
【Twitter】WNBA キャピー・ポンデクスター選手が『真珠湾攻撃による報いである』と発言