「東日本大震災」の影響で、関東のアミューズメント施設や新アトラクションのオープンが軒並み延期。オープン代替日も未定の状態だ/「実物大エヴァンゲリオン 獣化第ニ形態 THE・BEAST」(高さ約7m、幅約5m) ※写真はイメージ (c)カラー

写真拡大

「東日本大震災」の影響で、本日3月16日(水)にオープン予定だった“実物大エヴァ2号機”など、アミューズメント施設の新アトラクションのオープン延期が続いている。いずれも代替日も未定のようだ。

【写真】昨年登場した“実物大初号機”&“エヴァ部屋”

「富士急ハイランド」(山梨県・富士吉田)は、3月16日(水)オープン予定だった“実物大エヴァ2号機”の展示を延期すると発表。代替日についても未定という。今回、展示予定だった「実物大エヴァンゲリオン 獣化第ニ形態 THE・BEAST」(高さ約7m、幅約5m)は、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破」の中で、2号機が戦闘によりネルフ基地内に突っ込み、碇シンジと対面するシーンを忠実に再現したもの。初号機の実物大を昨年7月に、3月1日(火)には、富士急ハイランドのオフィシャルホテル内に、日本初の“エヴァ部屋”を作るなど、GW、夏休みに向け“エヴァ化”を進めていた矢先の“中断”となる。

広報担当者も「被災された方、そのご家族・関係者の皆様には心からお見舞い申し上げます。また、お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」と、コメント。また、同時に園内では募金活動等の実施を検討しているという。

また、3月18日(金)オープン予定だった「東京ジョイポリス」(港区・台場)の新アトラクション「ジョイポリ探検隊 ダイーバの秘宝と謎の紋章」も、延期を決定。こちらも代替日は未定で、担当者も、あまりの事態の大きさに「心よりお見舞い申し上げます」と話すのが精一杯の状況だ。

加えて、「サンリオピューロランド」(東京・多摩)で、3月19日(土)オープン予定だった新アトラクション「The Next Hello Kitty〜伝説の聖杖を手に入れろ!!〜」も、現在オープン延期を検討中とのこと。当面、営業を中止すると発表した「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」(千葉・舞浜)に続き、「豊島園」(東京・豊島)など、関東の大手アミューズメント施設はいずれも“中止”を決定している。子供が元気になる“遊園地”なだけに、明るいニュースが聞かれる日が待ち遠しい。【東京ウォーカー】

【関連記事】
開業延期続く中、「阪急百貨店 大井食品館」がオープン (東京ウォーカー)
【東京ウォーカー掲載イベント開催状況】祭り・企画展 (東京ウォーカー)
【東京ウォーカー掲載イベント開催状況】舞台・スポーツイベント (東京ウォーカー(全国版))
日本初の“エヴァ部屋”も登場! 富士急の“エヴァ化”が止まらない (東京ウォーカー)
貞本氏完全監修!“エヴァ制服”で『世界セイフク計画』始動 (東京ウォーカー(全国版))