ネットで話題の“作戦”名『Operation Tomodachi(友達作戦)』と『ヤシマ作戦』とは?

写真拡大




今、東北地方太平洋沖地震に関して、ネット上で話題になっている2つの作戦名が存在します。ひとつは、米軍による被災者救援活動『友達作戦(Operation Tomodachi)』。もうひとつは『Twitter』を中心にして、節電や計画停電を呼ぶ『ヤシマ作戦』です。

『Operation Tomodachi』は、米海軍の原子力空母『ロナルド・レーガン』による自衛隊ヘリコプターへの給油活動や国内外基地からの復旧支援活動、福島第一原発への専門家2名の派遣などの被災者救援活動を総称して名づけたもの。かつて、大戦時には敵国として戦いを交えた国が、小さな島国のために多くの人とお金を動かしてくれている。あえて“Tomodachi”というキーワードを作戦名に使ったアメリカに、記者はとても感動しました。

『ヤシマ作戦』とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する作戦名。第5使徒ラミエルを狙う超長距離射撃のために日本全国の電力エネルギーを一か所に集め、攻撃をするという作戦のこと。これになぞらえて、福島第一・第二原発の事故による電力供給低下への対策として行われている節電や計画停電への呼びかけを、『ヤシマ作戦』と呼ぶ動きがかなり広がっているようです。

『Twitter』上では、3月12日16時30分頃に『ヤシマ作戦』の“正式通達ツイート”が発表されて以降、4〜5万回の公式りツイートがされたとも言われています。この『ヤシマ作戦』は、『エヴァンゲリオン』の権利者であるガイナックスおよびカラーとは無関係な非公式活動だそうですが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』公式ブログでは「“全国から力を集める”エヴァ作品中での作戦名が、こんなときの旗印に使ってもらえるなんて、…こんな素晴らしいことはありません」と、歓迎するコメントが掲載されています。

Twitterハッシュタグ #84MA
ヤシマ作戦ウェブサイト http://yashima.me/

※画像はヤシマ作戦ウェブサイトより引用。
※この記事はガジェ通一芸記者の「さきえる」さんか執筆しました
さきえる:アメブロで『エヴァンゲリオン情報局 最速ヱヴァ情報evacollection』という情報ブログをしています。エヴァに関する情報を集めて発信&イベントなどもいろいろ企画しています。仕事は商品ネット販売&デザイン営業などです。趣味はテニス。
 
 

■関連記事
高須クリニックが被災者の治療一年間無料「少しでも幸福を取り戻して」
筑波大生ら 茨城の被災地情報のまとめサイト『SAVE IBARAKI』を立ちあげ
災害情報に関するブログニュースサイトの相互協力提案について
被災地のために今できること “ボランティア難民”にならないために
携帯電話主要3キャリアの東北関東大震災による通信障害発表まとめ