『Photoshop Elements 9』で不必要なオブジェクトを削除できてしまう! 簡単すぎてびっくり

写真拡大




アドビ システムズからリリースされた『Adobe Photoshop Elements 9(フォトショップエレメンツ 9)』の凄い機能を紹介。以前に紹介した『Adobe Photoshop CS5』の記事(http://getnews.jp/archives/59049)ではお花畑に立っている男性を瞬時に消す『コンテンツに応じる機能』を紹介し話題となった。

そんな『コンテンツに応じる機能』が、この『Adobe Photoshop Elements 9』にも搭載されている。『Photoshop CS5』は、そもそもプロユースにも耐える世界的な本格レタッチソフトだ。『Adobe Photoshop Elements 9』は一般ユーザー向けに機能を選び、価格も『Photoshop CS5』と比べてグッと抑えられている。本当に同じ事ができてしまうのだろうか?

実際の検証にあたり、今回は記者が実際に撮ってきた写真を使ってみよう。

まず公園に数人の男性が立っている。この中で消したいと思う人を「スポット修復ブラシ」で選択しよう。すると選択された範囲が消えてしまい、その場は背景になってしまう。

……と、まさかの「たったこれだけ」の作業で人物が簡単に消えてしまった。もはや、難しいレタッチ作業は不要なのだ。『Photoshop CS5』の時もかなり楽だと説明したが、今回も同じく簡単に消せてしまう。もちろん人以外の物や動物も消すことができる。

この「スポット修復ブラシ」は、ほかにも写真の傷の修復や、記念撮影の際に映り込んでしまった他人を消したりする際に役立つだろう。

これだけではなく、「何枚か撮った写真を組み合わせて最適化された写真を作成」する『Photomerge(フォトマージ)』という機能もあるのだ。『Photomerge』機能を使うことで自分のアルバム作りやポストカードの作成など、写真を使った創作に幅が出ること請け合いだ。

『Photoshop CS5』は高級な機能も多い分、値段も高く手が出ないという声もあるかもしれない。対して『Photoshop Elements 9』は高機能な写真編集ソフトとしては非常に安価であるため、ちょっとした写真管理や簡単なレタッチ、写真の加工で充分な方には是非オススメしたい。写真整理機能などもあるので大量の写真をまとめるのにも非常に便利だ。更には、整理した写真を『Facebook』へ簡単に投稿することなどにも配慮されている。

こちら『Photoshop Elements 9』はWindows版、Mac版両対応のハイブリッドとなっており、値段は1万4490円、アップグレードは1万290円となってる。

灯籠を削除

『Photoshop Elements 9』製品情報

■関連記事
Photoshop CS5の驚異の凄さ! ぼっさんやガンダムが一瞬で消えた?
“Mobile is Here.” 米アドビ社のプロダクトマネージャーがFlashプラットフォームのスマートフォン展開を語る
FlashのAndroid対応に注目集まる アドビが最新技術とトピックを紹介するイベント『Adobe MAX 2010 RETWEET』開催
ゴノレゴさんのおかげ!? アップルの規約変更でFlashから書き出したiPhoneアプリ解禁へ
アドビのエバンジェリストがFlash PlayerやAIRのスマートフォン対応などFlashプラットフォームの現状をアップデート