Dragon Age II ベッドシーン

 
エロよりも感情と愛がおりなすヒューマンドラマが大事ってコト? 

これまでテレビゲームは、人間味のあるお色気シーンというものがありませんでした。どうしてかって? その理由はどうやらクチの動きにあるようです。

映画の中でなら、俳優さんたちが熱〜い口づけを交わしますが、『Dragon Age II』のようなゲームの中ですと、郵便受けみたいな、なんだか硬質なモノ同士がぶつかり合っているように見えてしまうからなんだそうです。

まぁ、わからなくもありませんが、ヒドい例えですね(苦笑)それがどんなモンなのか、以下の動画で観てみましょう。プレイ前の方には、ネタバレ要素もありますので、ご注意下さい!
 

 

 
なるほど、プレイヤーが操るヒゲの男性キャラクターとバツイチのお姉さん、せっかく一夜を共にしたのに、コトが終わったらドライでバツが悪い感じですねぇ。普段と男女の逆転現象がおこっているかのような会話です。

イチバン大事なシーンよりも、まるっきり昼ドラみたいなこの展開...ディベロッパーのBioWareってばどうしちゃったんでしょうかね。

たしかに、現実の世界で男女の営みはワンパターンで起こるモノではありませんし、イロんなドラマがあるコトでしょう。『Mass Effect 3』でも、ナニかしらの変化があっても良いかもしれません。

ともあれ、最初の動画でドライなお姉さんにフラれてしまったヒゲヅラの主人公...次の動画ではエルフのお姉さんとイイ感じになり、お互い戸惑いつつも一緒に住もうと申し出るハッピーな成り行きです。

 

 
で、こっちは赤毛のお兄さんと愛を確認しちゃうパターン。

 
どうやらこのヒゲさんはモテ男なのに流されやすく、すぐソノ気になっちゃうタイプですね。良いんだかワルいんだか...(苦笑)

 
[Destructoid via Kotaku

(岡本玄介)

 

関連記事

『Dragon Age 2』のエログロなESRBレーティング内容
ラブシーンに真剣にチャレンジする『ドラゴンエイジ:オリジンズ』
【ちょいエロ】『アルファプロトコル』の逆レ○プ(?)なラブシーン(動画)