(株)サンゲツでは、大阪ショールーム「インテリアプラザ」(大阪市北区)を8年ぶりに全面改装し、4月2日(土)にリニューアルオープンする。2009年4月の本社ショールーム、2010年6月の東京ショールームに続き3カ所目の大幅リニューアルとなる。

大阪ショールームは、インテリアファブリックのショールームとして関西最大級の床面積(約906.7平米)に、壁紙、カーテン、床材、椅子生地などインテリア製品約1万3000アイテムを展示している。今回のリニューアルでは、内装デザインに加え、展示什器を一新し商品の選定がしやすいように工夫される。例えば、壁紙は視認性を高めるため目の高さに合わせた壁面設置型パネル展示を実施、カーテンでは持ち運びやすいハンガー生地サンプルと仕上がりがイメージしやすい縫製展示を併用した展示を行う。また床材は大型展示什器の導入で現品サイズでの商品確認を可能にする他、床面展示を行い歩行感の確認もできるようにする。この他、空間イメージの提案コーナーとしてモデルブースも設置する。

なお大阪ショールームはリニューアル工事にともない、3月10日(木)〜4月1日(金)まで休館となる。