「地形と地名がおぼえられる」
 「ごとうちグルメやごとうちおやつがおぼえられる」
 「特産品もおぼえられる」
 「方言も少しおぼえられる」
 「日本各地への旅行がたのしくなる」
 「いろんな出身地のおともだちと話がもりあがる」
 
 一冊で、こんなにたくさんのことができるようになる絵本が発売になりました。その名も『あつまれ!全日本ごとうちグルメさん』。全国のごとうちグルメの数々が、その特徴ごとに見事に擬人化され、47都道府県を"おいしく"おぼえることができる絵本になっています。

 まず、一つひとつのネーミングのセンスが秀逸です。たとえば、北海道代表の「ジンギスカンさま」。よくモンゴル料理と間違われますが、れっきとした日本料理であることや、「北の大地のおいしい英雄」と呼ばれることもあることをさらりと披露。だから名前も「ジンギスカンさま」で、馬に乗ったジンギスカンに顏がついたイラストは、子どもの脳裏に焼きつくこと間違いなし!

 ほかにも千葉県代表の「なめろう先輩」や、石川県代表の「治部煮夫人」などなど、それぞれのリアルで愛らしいイラストとネーミングのマッチさ加減が楽しく、子どもだけでなく、大人も夢中になってしまいます。

 この絵本を手掛けたのは、期待の新人絵本作家チーム。その正体は広告代理店・博報堂に勤める現役アートディレクターのおおのこうへい氏と、コピーライターのふくべあきひろ氏のコンビ。ふたりとも父親としての目線を持ちながら、仕事の合間をぬってコツコツと1年かけて手がけた同書は、伸びやかな発想とダイナミックな画風であふれ、これからの絵本業界に旋風を巻き起こしそうな予感。

 ふくべ氏はこれまでに、『いちにちおもちゃ』『いちにちぶんぼうぐ』という作品も出版しており、次はどんな絵本を手掛けてくるのか、早くも待ち遠しい一冊といえます。



『あつまれ!全日本ごとうちグルメさん』
 著者:ふくべ あきひろ(著)、おおの こうへい(イラスト)
 出版社:ブロンズ新社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
縦長の番組が増えたテレビ欄〜『電通とリクルート』(2011年3月4日08:04)
『宝島社の女性誌からモデル12人選抜−都内書店で合同POP展開中』(2011年3月3日15:52)
就活も「親」次第?〜『「親力」で勝つ就活』(2011年3月2日13:16)


■配信元
WEB本の雑誌