グローバル ナレッジ ネットワーク(東京都新宿区、竹原一衛社長)は、3月14日から、従業員300人以下の企業を対象とする定額セミナー「GKラーニング・クラブ」を開始する。

 同社は、IT分野の企業研修やITスペシャリストの教育を得意としているが、研修予算が限られる中小企業のニーズに応えて、毎月定額で、従業員が上限なく受講できるセミナーを新たに開催する。

 ITスキルを日々の業務に活かすノウハウ、ビジネス知識やヒューマン・スキルを高めるためのエッセンスなど、全ての職種・階層に対応する1単位2時間半程度で受講できるコンテンツを用意している。

 同社ソリューション本部の三浦美緒氏は、「コンテンツには、業務にすぐに使えるスキルや発想を広げるための最新情報を積極的に取り入れて、中小企業の人材育成を支援します」と話している。

 価格は、入会金5万2500円と従業員数に応じた月額会員費。今年度は売上高1億円、300社の参加を目標としている。

選抜より全社員の教育を重視する傾向に、自己啓発を行った社員は4割
自己啓発の通信教育、受講率が低迷
経営トップは教育重視と回答するが予算は減少、選抜教育も拡充されず

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。