週刊ポスト誌上で「白鵬×日馬富士 疑惑の優勝決定戦」を告発した大関・日馬富士の元付け人・雷鳳(23)。彼によると、「幕内で確実にガチンコ力士といえるのは、今年の初場所の番付では4人だけ」だと証言する。その内の1人が稀勢の里(鳴戸部屋)だという。雷鳳が語る。

 * * *
 稀勢の里はガチンコとして有名ですね。立ち合いで朝青龍の顔を思いきり張れたのはこの人くらい。支度部屋では付け人2人を吹っ飛ばすほど、いつも迫力満点のウォーミングアップをしています。結果が決まっていたらそんなに練習する必要もない。

 八百長の見分け方にも通じる象徴的な一番があります。昨年の九州場所、白鵬の連勝記録を止めた時、白鵬が砂かぶり席まで吹っ飛ばされていた。ガチンコだからこそ、ああなるんです。

※週刊ポスト2011年3月18日号




■関連記事
ガチンコで朝青龍に勝って「お前覚えとけ」と凄まれた力士
ガチンコ部屋の鳴戸部屋 “変な相撲”を取ると親方が殴る
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
元力士が退職金貰っていないと激怒するも親方「払ったぞ」
ガチンコ相撲の大乃国 八百長力士からリンチまがいの稽古も