「ソーシャルメディア」ってそもそも何? その8つの特徴

写真拡大

 「ソーシャルメディア」という言葉がインターネット上でよく見かけるようになってからどのくらい経つだろうか。と思っていたが、実際のところ、この言葉が一般的に使われるようになったのはごく最近のことであった。
 例えば国立情報学研究所が提供する論文情報ナビゲータ『CiNii』で調べてみると、論文の題目として「ソーシャルメディア」という言葉が使われ始めたのは2007年頃から。書籍のタイトルとしては、これまた2007年に出版された湯川鶴章さんの『爆発するソーシャルメディア』(ソフトバンク クリエイティブ/刊)が起点になっていると思われる。

 もちろん、ウェブ上においてはこの限りではない。『日経メディアラボ』上では、2005年8月に米ヤフーがソーシャルメディアに注目しているという旨の記事を配信されており(*1)、さらに『CNET Japan』も2005年11月にヤフーが「ソーシャルメディア」を打ち出したことを伝えている(*2)。

 では、この「ソーシャルメディア」とはそもそも一体なんなのか。ツイッターやフェイスブック、YouTube、ブログといったものであることは、なんとなく理解できるが…。
 ディスカヴァー・トゥエンティワンから出版されている『ソーシャルメディア革命』において、著者の立入勝義氏は「ソーシャルメディア」をマスメディアと対比した上で、以下の8つの特徴があることを指摘している。

1、ソーシャルメディアはマスメディアの対極に位置する。
2、ソーシャルメディアの影響力はネット上だけにとどまらない。
3、情報を発信するのは、「個人」もしくは「個人の集合体で」、大「組織」ではない
4、ソーシャルメディアサイトは、総合的なポータルというよりは、個々に細分化されたジャンルあるいは地域をカバーする
5、即時性が命である
6、独自の視点と論調が成功のカギを握る
7、独自経済基盤構築の可能性
8、双方向の情報配信とスケーラブルな仕組みを工夫できる


 なお、2についてはバイラル、つまり口コミの可能性を指摘しており、7についてはマネタイズの方法について言及をしている。

 『ソーシャルメディア革命』では「ソーシャルメディアとは何か」について説明した上で、北米における「ソーシャルメディア」の勃興や現状、ソーシャルメディアの分野において日本が孤立しつつある状況を指摘している。

 この5年間に「ソーシャルメディア」は一気に市民権を得て、今や生活になくてはならないものになりつつある。では、次の5年間で「ソーシャルメディア」はどう変わるのか。本書にはそれを予測する上のヒントが詰まっているといえる。
(新刊JP編集部/金井元貴)

(*1)「米ヤフー、ソーシャルメディアにも注目−−ヤフーメディアは人材強化を急ぐ」『日経メディアラボ』2005年8月2日(2011年3月8日確認)
(*2)別井貴志「ヤフーが大転換する「ソーシャルメディア」の正体--第一歩はAPIの公開」『CNET Japan』2005年11月18日(2011年3月8日確認)

【関連記事】  元記事はこちら
フェイスブック普及 鍵は“ビジネスで活用できるか”
現代の若者たちはデートをしなくなった?
「フェイスブック」 その落とし穴
元記者が教えるソーシャルメディア活用術

【新刊JP注目コンテンツ】
そうか、こうやって木の家を建てるのか。「200年住宅」と工務店選びの知恵(新刊ラジオ 第1360回)
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!